屋上への扉 開く状態 手前で多くが倒れる アニメ会社放火

屋上への扉 開く状態 手前で多くが倒れる アニメ会社放火
京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火され34人が死亡した事件で、建物の屋上に出る扉は当時、内側から開けられる状態でしたが、多くの人がその手前で折り重なるように倒れていて、警察は煙の回りが早く逃げることができなかったとみて調べています。
今月18日、京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオが放火され、34人が死亡、34人が重軽傷を負った事件で、警察は大阪の病院で治療を受けている青葉真司容疑者(41)について、容体の回復を待って放火や殺人などの疑いで逮捕する方針です。

警察によりますと、亡くなった人の半数を超える19人が、3階から屋上に向かう階段で折り重なるように倒れていて、扉を開けて屋上に避難した人はいなかったということです。

警察が現場検証をして扉の構造などを調べたところ、出火当時は内側から開けられる状態だったということです。

当時2階にいた男性社員は、NHKの取材に対し「1階で争う声がしてから15秒もしないうちに、らせん階段から真っ黒な煙が上がってきた」と証言しています。

これまでの調べで、亡くなった人のほとんどは煙を吸い込み、一酸化炭素中毒で死亡したとみられていて、警察は黒い煙が建物に2つある階段を通って上の階まで一気に充満したため、多くの人が屋上まで逃げることができず、扉の手前で倒れたとみて詳しい状況を調べています。