参院選 与党 改選過半数確実 改憲勢力3分の2に届く可能性も

参院選 与党 改選過半数確実 改憲勢力3分の2に届く可能性も
21日投票が行われた参議院選挙で、自民・公明両党は改選議席の過半数にあたる63議席を上回るのは確実です。また自民・公明両党と日本維新の会を合わせた憲法改正に前向きな勢力は参議院全体の3分の2を維持するのに必要な85議席に届く可能性もあります。一方、立憲民主党は改選前の9議席から倍増する可能性があります。
参議院選挙の開票作業は、各地で始まっています。NHKが行った出口調査や情勢分析によりますと、自民・公明両党は合わせて67議席から77議席を獲得する見通しで、改選議席の過半数にあたる63議席を上回るのは確実です。一方、改選前の77議席に届くかどうかは、微妙な情勢です。

また自民・公明両党に、憲法改正に前向きな日本維新の会を加えた3党の合計は76議席から88議席の見通しで、参議院全体の3分の2を維持するのに必要な85議席に届く可能性もあります。

さらに、自民党は55議席から63議席を獲得する見通しで、前回・3年前の選挙で獲得した56議席を上回る勢いです。

自民党の二階幹事長は民放のラジオ番組で、安倍総理大臣の総裁4選について、「これから党内でいろんな議論が起こってくると思うが、全然おかしくないというだけの活躍をしてくれている」と述べました。

一方、立憲民主党は16議席から22議席と、改選前の9議席から倍増する可能性があります。

立憲民主党の長妻選挙対策委員長は「結党して2年弱の政党だが、党の仲間は増えるので、国家権力にたがをはめ、立憲主義を具現化し、不安に寄り添う政治をさらに進める基盤は、ある程度整う」と述べました。

選挙区

定員74の選挙区では、
▽自民党は37議席から42議席、
▽立憲民主党は8議席から12議席を獲得する見通しです。
▽国民民主党は3議席を獲得しています。
▽公明党は6議席から7議席、
▽共産党は2議席から3議席、
▽日本維新の会は4議席から5議席を、それぞれ獲得する見通しです。
▽社民党は選挙区での議席の獲得は厳しい情勢です。
▽野党の推す無所属の候補は6議席から9議席を獲得する見通しです。

比例代表

定員50の比例代表では、
▽自民党は18議席から21議席、
▽立憲民主党は8議席から10議席、
▽国民民主党は2議席から4議席、
▽公明党は6議席から7議席、
▽共産党は3議席から5議席、
▽日本維新の会は4議席から6議席、
▽社民党は1議席、
▽れいわ新選組は1議席から3議席を、それぞれ獲得する可能性があります。
▽NHKから国民を守る党は1議席を獲得する可能性もあります。