米補佐官 日韓歴訪へ 「日韓対立」「有志連合」協議か

米補佐官 日韓歴訪へ 「日韓対立」「有志連合」協議か
k10012001111_201907211216_201907211229.mp4
アメリカのホワイトハウスで、安全保障政策を担当するボルトン大統領補佐官は今週、日本と韓国を歴訪します。日本での滞在中は、対立が深まっている日韓関係や緊張が続くイラン情勢をめぐり、アメリカが、ホルムズ海峡の安全確保のために検討している有志連合の構想などについて、意見を交わすとみられます。
アメリカホワイトハウスのNSC=国家安全保障会議のマーキー報道官は20日、ツイッターでボルトン大統領補佐官が日本と韓国を歴訪するため、アメリカを出発したと明らかにしました。

ボルトン補佐官は、日本での滞在中、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や、日本の輸出規制などで悪化している日韓関係をはじめ、緊張が続くイラン情勢などについて日本側と意見を交わすものとみられます。

日韓関係については、アメリカのトランプ大統領が両国の緊張緩和に向けた仲介に意欲を示していて、ボルトン補佐官としても、日米韓3か国の連携を重視する立場から日韓双方に対話による問題の解決を促すねらいがあります。

また、対イラン強硬派として知られるボルトン補佐官は、中東のホルムズ海峡の安全確保のため、アメリカが検討している有志連合の構想などについても説明し、日本に参加を呼びかける可能性もあります。