福岡・佐賀で記録的大雨 広島・高知などで非常に激しい雨

福岡・佐賀で記録的大雨 広島・高知などで非常に激しい雨
k10012000761_201907211217_201907211220.mp4
湿った空気の影響で九州北部では、発達した帯状の積乱雲がかかり、福岡県や佐賀県で12時間の雨量が300ミリ前後に達する記録的な大雨となっています。九州のほか、西日本の各地で大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達していて、土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。
気象庁によりますと、朝鮮半島に進んだ台風5号に向かって流れ込む暖かく湿った空気の影響で西日本では大気の状態が不安定になり、各地で雨雲が発達しています。

九州北部には、21日未明から「線状降水帯」と呼ばれる発達した帯状の積乱雲が次々と流れ込み、福岡県久留米市付近と佐賀県の鳥栖市付近、みやき町付近では21日朝早く、レーダーによる解析で1時間に約110ミリの雨が降ったとみられるなど、断続的に猛烈な雨が降りました。

正午までの12時間の雨量は、
▽福岡県久留米市で306ミリ
▽佐賀県鳥栖市で298.5ミリに達し、観測史上最も多くなっています。

この時間、広島県や高知県などにも発達した雨雲がかかり、正午までの1時間には、国土交通省が高知県土佐町に設置した雨量計で87ミリの猛烈な雨を観測しました。

これまでの雨で福岡県、佐賀県、大分県、広島県、高知県では土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。また、福岡県と山口県、佐賀県それに広島県では氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川があります。

西日本では、21日夜にかけて線状降水帯が発生しやすく、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みで同じような場所で数時間降り続いて大雨になるおそれがあります。

22日昼までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽九州北部と四国、中国地方で150ミリ、
▽九州南部で100ミリと予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するとともに落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

線状降水帯発生しやすい状況に

気象庁によりますと、台風5号に向かって流れ込む湿った空気と、太平洋高気圧の縁を回る湿った空気の流れが九州付近で重なることによって「線状降水帯」が発生しやすい状況になっているということです。

20日は線状降水帯が南北にのび、長崎県の五島と対馬付近にかかりましたが、台風の北上に伴って湿った空気の流れが重なる位置が変化し、21日未明からは南西から北東方向に線状降水帯が発生して佐賀県や福岡県付近にかかりました。

気象庁によりますと、線状降水帯が発生しやすい状況は21日夕方にかけて続く見込みだということで、九州や四国、中国地方では非常に激しい雨が降るおそれがあるとしています。

福岡 久留米 道路冠水や床下浸水

福岡県久留米市の消防によりますと、道路の冠水や建物の床下浸水の通報がこれまでに6件入っているということです。

このうち久留米市梅満町では、道路が冠水し身動きがとれないという住民からの通報が入っています。

また、店舗の中に水が入り、ひざ下まで水につかっているという情報のほか、西鉄甘木線の五郎丸駅付近で、車が動けなくなっているという情報もあるということです。

福岡 久留米 投票開始遅らせる

久留米市の選挙管理委員会は、台風5号の影響で有権者が投票所に向かうのに支障が出るおそれがあるとして、参議院選挙の投票の開始時刻を2時間遅らせて、午前9時からにすることを決めました。

久留米市選挙管理委員会によりますと、市内では21日、参議院選挙の投票が、午前7時から59か所の投票所で行われる予定でした。

しかし、台風5号の大雨の影響で、市内各地の道路が水につかるなどして、有権者が投票所に向かうのに支障が出るおそれがあるとして、投票の開始時刻を2時間遅らせ、午前9時からにすることを決めました。

久留米市では、一部の地域に避難指示や避難勧告が出されるなどしていて、選挙管理委員会は、今後の雨の状況によっては、さらに遅らせる可能性もあるとしています。