アニメ会社放火 青葉容疑者を別の病院に移送 警察

アニメ会社放火 青葉容疑者を別の病院に移送 警察
k10011999961_201907201238_201907201239.mp4
京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火されて34人が死亡した事件で、全身に重いやけどをして市内の病院に入院していた青葉真司容疑者が20日午前、やけどの治療を専門とする大阪府内の病院に移送されました。京都アニメーションの社長は、青葉容疑者について「名前を聞いたことがない」などと話していて、警察は青葉容疑者が一方的に会社に恨みを抱いて事件を起こした可能性があるとみて調べています。
京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオが18日に放火された事件では、34人が死亡し、34人が重軽傷を負いました。

この事件で火をつけた疑いがあるとして、身柄を確保された青葉真司容疑者(41)は、全身に重いやけどを負い、京都市内の病院に入院していましたが、20日午前10時半ごろ、ドクターヘリに乗せられて、やけどの治療を専門とする大阪の大学病院に移送されました。

ドクターヘリは、午前11時すぎに大学病院に到着し、ストレッチャーに乗せられた青葉容疑者は、頭や足の部分に白い包帯がまかれ、点滴や酸素吸入とみられるチューブが取り付けられていて、動いている様子は見られませんでした。

一方、警察は20日も、京都アニメーションの八田英明社長ら会社関係者の立ち会いのもと現場検証をしています。

八田社長は20日朝、報道陣の取材に応じ、青葉容疑者について「名前を聞いたことはなく、本社やスタジオを訪ねてきたこともない。会社に届くさまざまなメールにもその名前があった覚えはない」と述べました。

警察は、青葉容疑者が一方的に会社に恨みを抱いて事件を起こした可能性があるとみて調べています。

京都アニメーション社長「天井は真っ黒に」

京都アニメーションの八田英明社長は、19日に引き続いて行われた放火された第1スタジオの現場検証に立ち会い、内部の様子などについて取材に答えました。

八田社長によりますと、現場の3階建ての建物のうち男が火を付けた1階は事務のフロアで、2階ではアニメーションの仕上げ、3階では、作画が行われていて、ふだんから多くの従業員が働いていたということです。

建物内部の状況について、八田社長は「中の天井は真っ黒で焼けただれ、ガソリンがまかれたところは鉄板も焼けてしまっていた。何秒かで相当の熱量がたまり、両側の階段も炎が一気に吹き上げていったということだった」と説明しました。

そのうえで、「ただただ大惨事が起きてしまったとしか言いようがない」として、現場検証に立ち会ったあとは、被害に遭った社員や家族への見舞いや支援などを行い、現場の建物については、今後、撤去する方針を明らかにしました。

献花台に多くの花や手紙が

現場には、多くの人が献花に訪れていて、昼前には近くの路上に献花台が設けられました。

現場から南に100メートルほど離れた道路の一角には、これまでに訪れた人たちが持ち寄った花などとともに手紙がそえられていて、中には、亡くなった人たちを悼むことばや「辛さと悲しみを乗り越えて、すてきな作品を作ってください」などと書かれた会社を応援する手紙もありました。

名古屋から来た30代男性は、学生時代に大学の研究発表の調査で「京都アニメーション」を訪れたことがあるということで、「10年前に、職員の人に協力してもらった思い出があります。亡くなった人はまだまだやりたいことがたくさんあったと思うと、本当にひどい事件で、ことばが出ないです」と話していました。

専門家「間仕切りなしの空間 被害拡大要因か」

今回の火災について、建物の防火対策に詳しい東京理科大学の菅原進一名誉教授は、間仕切りの壁がない建物の構造など、複数の条件が重なったことで被害が拡大したのではないかと指摘しています。

菅原名誉教授は「今回の現場は、アニメ作品を作り上げていく際に情報交換をするためだと思われるが、間仕切りの壁がなく、それぞれの階が一つの空間として使われていた。このことが煙や炎が広がった要因の一つになったとみられる。階段の途中に扉がなかったことも、下からあがってきた煙と炎が上の階に広がる原因になったのではないか」と指摘しました。

また、ガソリンとみられる液体が使われたことも、被害を拡大させた要因にあげて「ガソリンは灯油などと違って激しく爆発的に燃える。激しい燃焼が起こって一挙に2階、3階まであがったとみられ、気がついたときにはすでに逃げるいとまもないという人もいたのではないか。5分前後で建物全体が危険になったのではないかと考えられる。今回は避難するというより、一瞬の判断で脱出しなければならないほどで、タイミングが少しでも遅れた人は逃げ場を失ったというケースではないか」と話していました。

韓国外務省「韓国人従業員1人重傷」

この事件で、韓国外務省は従業員として働いていた30代の韓国人女性1人が負傷し病院で治療を受けていると発表しました。複数の韓国メディアは外務省当局者の話として「重傷でかなり深刻だ」と伝えています。

韓国外務省は、大阪にある総領事館が、被害状況の確認などにあたっているとしています。