ボスニア虐殺 オランダ最高裁 政府の責任一部認める判決

ボスニア虐殺 オランダ最高裁 政府の責任一部認める判決
1990年代の旧ユーゴスラビアの民族紛争で住民が虐殺された事件をめぐる裁判で、オランダの最高裁判所は19日、当時、駐留していたオランダ軍部隊が住民の一部を保護しなかったなどとしてオランダ政府の責任を一部認める判決を言い渡しました。
ボスニア・ヘルツェゴビナ東部のスレブレニツァでは、紛争中の1995年、イスラム系の住民がセルビア人勢力に虐殺され、遺族らが国連の平和維持部隊として駐留していたオランダ軍の責任を認めるようオランダ政府を相手取って訴えを起こしていました。

オランダのハーグにある最高裁判所は19日の判決で「駐留していた部隊は保護を求めた住民の一部に対し身を隠すよう伝えず、結果としてセルビア人勢力から逃れる機会を与えなかった」としてオランダ政府の責任を認めました。

一方で、部隊には他国などからの援護がなく、住民が最後まで逃れることができた可能性は低いとして政府の責任は一部にとどまるとしました。

判決についてオランダの国防省は声明を出し「判決を受け入れる」としながらも、現地の住民に十分な保護を提供できなかったのは国際社会そのものだと強調しました。

この虐殺事件をめぐっては、セルビア人勢力の最高指導者だったカラジッチ氏が虐殺で中心的な役割を果たしたとして国連の戦争犯罪法廷の2審で終身刑の判決を受けています。