アニメ会社放火 死者33人に 身柄確保の男は重いやけど

アニメ会社放火 死者33人に 身柄確保の男は重いやけど
18日、京都市の「京都アニメーション」のスタジオが男に放火された事件は33人が死亡し、35人が重軽傷を負う大惨事になりました。警察は犠牲者の身元の確認を急ぐとともに消防と合同で現場を検証して火災の状況を詳しく調べることにしています。一方、放火した男は身柄を確保されましたが、みずからも重いやけどを負って治療を受けているということで、警察は男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。
18日午前10時半すぎ、京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオで、1階の玄関に入ってきた男がいきなりガソリンとみられる液体をまいて火をつけ、爆発的な火災が起きました。

火はおよそ5時間後に消し止められましたが、警察によりますと出火当時、建物内にいた従業員など74人のうち逃げ遅れた33人が死亡し、35人が重軽傷を負いました。死亡した人は男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明だということです。
見つかった場所は1階が2人、2階が11人、2階から3階にかけての階段が1人、3階以上が19人で、その多くは屋上につながる階段に折り重なるように倒れていたということです。

警察は火が1階から一気に燃え広がったため上の階にいた多くの人が犠牲になったとみて死亡した人の身元の確認を急ぐとともに、19日、消防と合同で現場を検証して詳しい状況を調べることにしています。

一方、火をつけた男は現場から逃走しましたが、100メートルほど離れた場所で身柄を確保されました。

警察によりますと顔や足などに重いやけどをして病院で治療を受けているため、18日は取り調べができなかったということです。

持っていた免許証から以前、さいたま市浦和区に住んでいた住所不定の41歳の男とみられるということです。

この男は「京都アニメーション」に勤務した経歴はなく、会社との関係はわかっていません。また建物の近くの路上でガソリンを入れる携行缶や複数の包丁、それにハンマーなどが見つかり、警察は男が持っていたものとみて調べています。

男は「死ね」などと叫びながら火をつけたということで、警察は捜査本部を設置し男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。