現場近くで男がガソリン40リットル購入 警察が関連を捜査

現場近くで男がガソリン40リットル購入 警察が関連を捜査
京都市伏見区にあるアニメーション製作会社のスタジオに、男がガソリンのような液体をまいて火をつけた火災で、現場から西におよそ500メートル離れたガソリンスタンドの店員によりますと、火災が起きるおよそ30分前の18日午前10時ごろ、男が1人で訪れ、40リットルのガソリンを購入したということです。
男は2つの携行缶に入れて手押し式の台車にのせ、徒歩で運んでいったということです。ガソリンスタンドの店員に対して男は、「発電機に使う」と説明していたということです。

男は年齢が30代から40代くらいで赤いTシャツのようなものを着て、リュックサックを背負っていたということです。警察が火災との関連について調べています。