台風5号 近畿や中国地方で雨が強まる 災害に警戒を

台風5号 近畿や中国地方で雨が強まる 災害に警戒を
大型の台風5号は、沖縄県の先島諸島付近の海上を北へ進んでいて、沖縄県では高波や高潮に警戒が必要です。一方、台風の影響で前線の活動が活発になり、近畿や中国地方を中心に雨が強まっていて、気象庁は、土砂災害や川の増水などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、大型の台風5号は、18日午後3時には、東シナ海を1時間に25キロの速さで北へ進んでいます。

中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっています。

台風は現在、沖縄の先島諸島に接近していて、周辺では非常に強い風が吹いて大しけとなっています。

沖縄県では、19日にかけて、最大風速が20メートル、最大瞬間風速が30メートル、波の高さが7メートルと予想されていて、高波や高潮に警戒するとともに、強風に注意が必要です。

一方、日本海側に停滞する前線に向かって、台風の周辺から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、近畿や中国地方、それに北陸を中心に発達した雨雲がかかっています。

午後4時までの1時間には、島根県邑南町淀原で41ミリ、滋賀県が甲賀市に設置した雨量計で38ミリのいずれも激しい雨を観測しました。

これまで降った雨で広島県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

また、高知県宿毛市付近ではレーダーによる解析で午後0時20分までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

台風はこのあとも北上を続け、停滞する梅雨前線に向かって暖かく湿った空気がさらに流れ込む見込みです。

西日本と東日本では20日にかけて大気の不安定な状態が続き、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って、大雨となるおそれがあります。

19日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、沖縄で200ミリ、九州と中国地方で150ミリ、北陸で130ミリ、四国と近畿、それに東海で120ミリと予想されています。

その後、19日昼から20日昼までの24時間には、九州南部で200ミリから300ミリ、沖縄・奄美と九州北部、四国、北陸、それに東海で100ミリから200ミリ、中国地方で100ミリから150ミリ、近畿で50ミリから100ミリと西日本の南東斜面を中心にさらに雨量が増える見込みです。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。