社会

アニメ会社で放火 33人の死亡確認 35人けが

京都市伏見区にあるアニメーション製作会社のスタジオが男に放火された事件で警察によりますと33人の死亡が確認されたということです。また35人がけがをして病院に搬送されたということです。火をつけたのは41歳の男とみられ、警察が放火の疑いで調べています。
18日午前10時半すぎ、京都市伏見区のアニメーション製作会社「京都アニメーション」のスタジオの建物内で男がガソリンのような液体をまいて放火し爆発的な火災が起きました。

消防車30台が出て消火にあたった結果、出火から5時間近くがたった午後3時すぎに火はほぼ消し止められました。

出火当時、建物には従業員など70人余りがいたとみられていて、警察によりますと、33人の死亡が確認されたということです。

男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明だということです。また35人が病院に搬送されました。

このうち17人は重傷で、16人が入院して手当てを受けているということです。

消防によりますと建物内の救助活動は終了し、取り残されている人はいないということです。

男の身柄確保 男は41歳か

一方、放火した男は現場から逃走しましたが、100メートルほど離れた場所で身柄を確保されました。

警察によりますと、持っていた免許証から41歳の男とみられるということです。

男も足や胸、顔に重いやけどをして、病院で治療を受けています。きょうの取り調べは難しいということですが、確保された際に、液体をまいて火をつけたと認めていたということです。

警察によりますと、建物1階の受付にいた人は、男がいきなり玄関から入って来て、バケツのようなもので液体をまいて火をつけたと説明しているということです。

男は火をつけながら「死ね」などと話していたということです。

また、現場付近にはリュックやガソリンを入れる携行缶、台車、それに包丁数本とハンマーが落ちていたということです。

男は「京都アニメーション」で勤務した経歴はなく、会社との関係はわかっていません。

警察は捜査本部を設置し男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。

平成以降で最悪に

警察によりますと、今回の放火事件で33人の死亡が確認されました。警察庁によると、放火と断定された事件では平成以降最も死者が多いということです。

「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱」手がける

「京都アニメーション」のホームページによりますと、この会社は昭和56年創業で、京都府宇治市に本社があり、社員数は160人ほどで、「けいおん!」や「涼宮ハルヒの憂鬱」などの有名なアニメーションの製作を手がけています。

ほかに、関連するグッズの販売や、アニメーションを作るスタッフの養成などを行っているということです。

火事があった京都市伏見区には、「第1スタジオ」と言われる施設があるということです。現場は京阪電鉄宇治線の六地蔵駅の近くにある住宅街です。

近くで働く男性「ドーンと突然爆発音」

火災があった京都市伏見区のスタジオ近くの住宅展示場で働いている男性従業員は「10時半ごろに事務所の中にいたらドーンと突然、爆発音がした。外に出たら建物の2階と3階を中心に火が出ていて、避難している人もいました。煙が上がっていたのですぐに消防に通報した」と話していました。

午前11時半ごろにNHKのヘリコプターから撮影した映像には、火事があった建物のそばにけが人を搬送するストレッチャーが並べられ、大勢の救急隊員が活動している様子が写っています。

地面に敷かれたシートの上に横たわっている人もいます。建物からは白い煙が立ち上り続け、2階と3階の部屋のいたるところでオレンジ色の炎が上がっているのが窓越しに確認できます。

近くに住む住民「とても怖い」

近くに住む16歳の男性は「消防車などの音がして家の外に出てみると、建物から大きな火が上がっていた。近くの公園で消防隊員がけがをした人の救護にあたっていたが、人数が追いついていないようだった」と話していました。

また、近くに住む40代の女性は「建物の中にいる人を助けようと消防隊員が担架を持って入っていった。こんな大きな火事があるなんてとても怖いです」と話していました。

専門家「短時間で燃え広がり避難困難か」

建築物の火災に詳しい、早稲田大学の長谷見雄二教授は、火災が起きた状況について、「ガソリンは揮発性が高く、ビルなどの空気がこもりやすい空間にまかれた状態で火をつけると、一瞬で爆発的な火災になる」と指摘しています。

そのうえで長谷見教授は、「現場となった会社では、紙の資料など燃えやすいものが多かった可能性もあり、短時間で燃え広がったのではないかとみられる。こうした状況の中では、火事の発生に気付いてから避難するのは難しい状況だったのではないか」と話していました。

放火で多数の死者の事件 これまでも

放火によって多数の死者が出た事件は、これまでにも起きています。

▽2000年3月には神戸市のテレクラ店が放火されて4人が死亡し、
▽2004年12月にさいたま市の量販店「ドン・キホーテ」で起きた放火事件では従業員3人が死亡しました。

また、
▽2008年10月に大阪市の個室ビデオ店が放火され全焼した事件では16人が死亡しました。
▽2001年9月には東京・新宿区歌舞伎町の雑居ビルで44人が死亡し、警視庁は放火の疑いが強いとみて捜査しています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。