フリーダイビング世界選手権2連覇 木下紗佑里さん 事故で死去

フリーダイビング世界選手権2連覇 木下紗佑里さん 事故で死去
k10011995421_201907171041_201907171041.mp4
一息で海にどれだけ深く潜れるかを競う「フリーダイビング」の世界選手権で2連覇した長崎県大村市出身の木下紗佑里さんが転落死と見られる事故で15日、亡くなりました。30歳でした。
木下さんは大村市出身で、大学卒業後にフリーダイビングを始めて以降、世界トップレベルのプロ選手として活躍してきました。

平成27年と29年には2年に1度開かれる「フリーダイビング」の世界選手権で総合優勝を果たし、去年7月にはロープをたどる種目で水深97メートルの世界新記録を打ち立てました。

最近は、ことし9月にフランスのニースで開かれる世界選手権での3連覇を目指すとともに、フリーダイビングの魅力を伝える活動にも力を入れていました。

家族によりますと、木下さんは練習の拠点を置いていた沖縄県内の自宅のアパートから誤って転落したと見られ、15日夕方、亡くなったということです。

葬儀は、通夜が17日午後7時から、告別式が18日午後1時から、大村市桜馬場の「天晴会館新館」で行われます。

また家族はファンや友人を呼んで「お別れ会」も計画しているということです。