芥川賞に今村夏子さん 直木賞に大島真寿美さん

芥川賞に今村夏子さん 直木賞に大島真寿美さん
k10011995361_201907172119_201907172120.mp4
第161回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞は今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」、直木賞は大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(うず/いもせやまおんなていきん/たまむすび)が、それぞれ選ばれました。

2人は17日夜、記者会見に臨み、それぞれ受賞の喜びを話しました。

芥川賞に今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」

芥川賞の受賞が決まった今村夏子さんは、広島市出身で大阪市在住の39歳。大学を卒業後、アルバイトをしながら小説を書き始め、平成23年、「こちらあみ子」でデビューし、三島由紀夫賞を受賞しました。

その後、創作活動を一時中断していましたが、平成28年に復帰作の「あひる」が芥川賞の候補作になり、今回は3回目の候補で受賞となりました。

受賞作の「むらさきのスカートの女」は、近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性について「わたし」が見聞きしたことをつづった小説です。

「むらさきのスカートの女」の日常生活や職場での仕事ぶりが平易な文章で淡々と記されていくなかで、友だちになりたいと思って執ように観察を続ける「わたし」の異常な行動が次第に浮き彫りになっていきます。

芥川賞に選ばれた今村夏子さんは、記者会見で「担当編集さんと一緒にお茶を飲みながら待っていて、受賞のお電話をいただき、信じられなくて、すごくびっくりしました。私にはとても手の届かないもので、一生取れないと思っていたので本当に驚きましたし、これからも頑張らないとと思っています」と受賞が決まった時の心境について語りました。

受賞への手応えについて聞かれると、「正直、あまりありませんでした。でも、自分らしいものが書けたという感覚がありました。あまり無理をしないというか、身の丈に合ったものが書けたような気がします」と振り返りました。

また、1作目の発表から9年で芥川賞を受賞したことについて、「9年で一番変わったことは、開き直ることができたこと、失敗してもいいやと思えるようになりました。書くのがすごくつらくて嫌だと思うときも多いですが、書き続けられた理由はやっぱり楽しいからだと思います」と話していました。

さらに、現在2歳の娘に受賞を報告するか尋ねられると、「特に報告しません。あまり読んでもらいたいと思わないので。いつか娘にも読ませたいと思えるようなものを書いていきたいと思います」と答えていました。

直木賞に大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

直木賞の受賞が決まった大島真寿美さんは、名古屋市出身の56歳。

短大を卒業したあと劇団での活動を経て、平成4年に「春の手品師」で文芸誌の新人賞を受賞してデビューしました。

恋愛をテーマに嫉妬や本音をぶつけ合う大人の女性たちの姿を描いた作品などを手がけ、テレビドラマや映画の原作にもなっています。

直木賞は今回、2回目の候補での受賞となりました。

受賞作の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(うず/いもせやま・おんなていきん/たまむすび)は、江戸時代の大坂・道頓堀を舞台に活躍した人形浄瑠璃の作者、近松半二を主人公にした時代小説です。

現代の歌舞伎や文楽でも上演される演目を生み出した半二が、逆境を乗り越えて作品を作り出していく様子を、大阪弁を駆使したテンポのよい文体で描いています。

直木賞に選ばれた大島真寿美さんは、記者会見で受賞が決まった心境について、「びっくりしています。あまり実感がない感じです。先ほど、習っている義太夫の師匠に電話でお話ししましたら、大変な騒ぎになっていました」と語りました。

受賞作の題材に選んだ文楽について、「文楽は本当にすばらしい芸術だと思うし、物語そのものがダイレクトに伝わってくるので、異世界に入り込めると思います」と語ったうえで、その世界を小説で描いたことについては、「浄瑠璃には語りの美しさがあると思うんですが、今回私も書いていて、語りがすごく気持ちよかったです。語りを書くことはもう少しやりたいなと思いました」と振り返っていました。

そのうえで今後の創作について、「『渦』で描いた道頓堀を、浄瑠璃の世界を、もうちょっと書きたいと思っています」と思いを語っていました。

選考委員 小川洋子さんは

今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」を芥川賞に選んだ理由について、選考委員の1人、小川洋子さんは、「最初の投票の段階で、この作品だけが過半数を超え、2回目はさらに票数を伸ばす形で、文句なしの決定だった」などと説明しました。

会見で小川さんは、賞の選考過程について「最初の投票の段階で、今村さんの作品だけが過半数を超えた。このほか過半数には達しなかったものの高山羽根子さんと李琴峰さんの2人に受賞の可能性がないか、議論することになった。しかし、最後まで過半数に達せず、今村さんの作品1作になった」といきさつを説明しました。

今村さんの作品を選んだ理由については、「常軌を逸した人間本人を語り手にして描いている。それは非常に難しいことで、いるのかいないのか分からない女を鏡にしてそこに映る私を描くことで、語り手の本性に迫ることに成功している。こんな奇妙なピント外れの世界を描けるのは今村さんだけだ」と説明しました。

そのうえで、「むらさきのスカートの女は最初、不潔な感じに描かれ、関わりたくないと思わせるような女だが、魅力的に感じてしまう。それは今村さんの筆力で、女性の魅力が改めて文学の中で発見されていると思う」として、「狂気を突き抜けた先にある哀れさみたいなものを描ける人だということが、今回の作品でも再認識できたと思う」と評価していました。

選考委員 桐野夏生さんは

大島真寿美さんの作品を直木賞に選んだ理由について、選考委員の1人、桐野夏生さんは、「最初の投票で大島さんを含む3作が抜きん出た。その3作について長い時間の話し合いがあり、決選投票の結果、大島さんに決まった」などと説明しました。

会見で桐野さんは、賞の選考過程について「最初の投票で朝倉かすみさんと大島真寿美さん、窪美澄さんがの3作が、過半数までいかないがきっ抗した点数で抜きん出て、このほかの3作は最初の選考で外れた」としたうえで、「その後、とても長い時間の話し合いがあり、決選投票の結果、大島さんに決まった」といきさつを説明しました。

そのうえで大島さんの作品を選んだ理由について、「柔らかな大阪弁の語り口がすばらしいと絶賛する意見があった。人形浄瑠璃の作者である近松半二の半生を描いているが、作品世界が成熟していて、観客の心をつかんで、別世界のように生き生きと生きていくところがすごくリアルで、そこがおもしろいという意見があった」と評価していました。

また、今回初めて直木賞の候補が全員女性だったことについては、「選ぶのに困るぐらい実力が伯仲していたし、作品はそれぞれ多様性に満ちていた。今回は偶然だと思うし、女性作家の実力がそれだけ高かった。これが珍しいことではないと思われるようになってほしい」と話していました。

芥川賞 候補作(5作品)

今回の選考会では、芥川賞は5つの作品が候補作に選ばれていました。

今村夏子さん「むらさきのスカートの女」

「こちらあみ子」でデビューした今村さんは、3回目の候補です。
この作品は、近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性について「わたし」が見聞きしたことをつづった小説です。
「むらさきのスカートの女」の日常生活や職場での仕事ぶりが平易な文章で淡々と記されていくなかで、友だちになりたいと思って執ように観察を続ける「わたし」の異常な行動が、次第に浮き彫りになっていきます。

高山羽根子さん「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」

高山さんは前回初めて芥川賞の候補になり、2回連続です。
この作品は、主人公の女性が幼少期から高校時代までの過去を回想しながら、かつて高校の同級生だった男と再会するまでの出来事を描いた物語です。
亡くなった祖母についての思い出や性的な嫌な記憶などの回想が繰り返し登場し、過去が現実と重なっていく中で、女性が心の内に抱えていたものが少しずつ明らかになっていきます。

古市憲寿さん「百の夜は跳ねて」

古市さんも、前回に続いて2回目の候補になりました。
候補作は古市さんの3作目となる小説で、就職活動に挫折してビルの窓ガラスの清掃員をしている20代の青年が主人公です。
危険と隣り合わせの作業を続けるなか、高層マンションのガラス越しに目が合った年老いた女性の部屋に通うようになることで、生きる気力をなくしていた青年が少しずつ変わっていく様子が丁寧な描写で表現されています。

古川真人さん「ラッコの家」

デビュー作が芥川賞の候補になった古川さんは、3回目です。
作品は、九州地方に住む視力をほとんど失った1人暮らしの年老いた女性が主人公です。
めいと夕食を食べたり買い物に出かけたりするありふれた日常が描かれる中で、過去や空想の世界を交えた女性の意識の流れが、改行がほとんどない独特の文体で丁寧に表現されています。

李琴峰さん「五つ数えれば三日月が」

おととしデビューした李さんは、初めて候補に選ばれています。
作品は、作者自身と同じように日本に留学してそのまま働くようになった台湾出身の女性が、台湾へ留学して現地で家庭をもった友人の日本人女性と東京で5年ぶりに再会する物語です。
食事をともにして近況を報告し合うなかで、友人に対して長く秘めていた思いを伝えられずに悩む主人公の繊細な心情を、漢詩を織り交ぜながら表現しています。

直木賞 候補作(6作品)

今回の選考会では、直木賞は6つの作品が候補作に選ばれていました。

朝倉かすみさん「平場の月」

朝倉さんは、今回初めて候補となりました。
この作品は、印刷会社に勤める50歳を過ぎた男性が主人公です。
妻と離婚したあと中学校の同級生だった女性と偶然再会し、2人の距離が近づいていくなかで、男性がさまざまな思いを抱いて日々を過ごしていく様子が、丁寧に描かれています。

大島真寿美さん「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

大島さんは「あなたの本当の人生は」以来、2回目の候補です。
この作品は、江戸時代の大坂・道頓堀を舞台に活躍した人形浄瑠璃の作者、近松半二を主人公にした時代小説です。
現代の文楽でも愛される演目を生み出した半二が、逆境を乗り越えて作品を作り出していく様子を、大阪弁を駆使したテンポのよい文体で描いています。

窪美澄さん「トリニティ」

窪さんも、前々回の「じっと手を見る」に続いて2回目です。
作品は、1960年代に同じ出版社で出会った3人の女性たちの半生を、昭和から平成にかけての時代背景を織り交ぜながら描いた物語です。
フリーライター、イラストレーター、そして専業主婦として異なる道を歩んでいく3人が、今よりもはるかに男性中心だった社会の中で、仕事や結婚、子育てなどをめぐるさまざまな問題に直面しながらそれぞれの生き方を選び取っていくさまが、繊細な筆致で描かれています。

澤田瞳子さん「落花」

歴史・時代小説を手がける澤田さんは、3回目の候補に。
作品は、平安時代中期、独特の節をつけて経を唱える「梵唄(ぼんばい)」の第一人者と言われた僧の「寛朝(かんちょう)」が主人公です。
京を離れ、平将門が勢力を広げる関東にやってきた寛朝が、戦に巻き込まれながら究極の音楽を探し求める姿を、フィクションを交えながら丁寧に描き出しています。

原田マハさん「美しき愚かものたちのタブロー」

原田さんは、4回目の候補です。
この作品は、ことし開館60周年を迎えた国立西洋美術館の礎となった「松方コレクション」をめぐる物語です。
大正時代に美術館の設立を夢見てパリなどで名画を収集した実業家の松方幸次郎の足跡と、その後、戦争の動乱に巻き込まれたコレクションの数奇な運命が描かれ、アートが持つ「力」や文化財を後世に残していく意味についても問いかけます。

柚木麻子さん「マジカルグランマ」

柚木さんは、5回目の候補です。
候補作は、70代半ばになって「理想のおばあちゃん」としておよそ半世紀ぶりに再び俳優デビューを果たした女性の物語です。
一時は脚光を浴びたものの、仕事がなくなったうえ急死した夫が残した借金を背負うことになった女性がしたたかに生きていく姿を、さまざまな登場人物との交流を通して描いています。