警察学校教官 訓練に本物のナイフ 新人を誤って刺す 岡山

警察学校教官 訓練に本物のナイフ 新人を誤って刺す 岡山
k10011995331_201907170924_201907170941.mp4
去年、岡山県警察学校で、教官の警部補が犯人を取り押さえることを想定した訓練にナイフを持ち込んだうえ新人の警察官を誤って刺して軽いけがをさせていたことが分かりました。警部補は「訓練に緊張感を出そうと本物のナイフを持ち込んだ」などと話していたということで、業務上過失傷害の罪で罰金の略式命令を受けました。
岡山県警察本部によりますと、去年12月、岡山市北区の県警察学校で、刃物を持った犯人を取り押さえることを想定した訓練に犯人役を務めることになった教官の男性警部補がサバイバルナイフを持ち込んだうえ新人の男性巡査の胸を誤って刺したということです。

巡査は病院に運ばれましたが、けがの程度は軽かったということです。

訓練は模造品のナイフを使うことになっていましたが、岡山県警に対して警部補は「訓練に緊張感を出そうと本物のナイフを持ち込んだ。刺すつもりはなかったが、当たってしまった」などと話していたということです。

警部補は書類送検され、ことし4月、業務上過失傷害の罪で罰金50万円の略式命令を受けました。

岡山県警は警部補を所属長訓戒の処分にしましたが、「発表する対象の事案ではない」として公表していませんでした。

刺された巡査は依願退職 損害賠償の訴え起こす

一方、刺された巡査はことし1月に依願退職し、先月、岡山県に550万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

訴えについて岡山県警は「訓練中にけがをしたのは事実で、誠実に対応していく方針です」としています。