みずほ ATM予定どおり稼働再開 システム刷新作業終える

みずほ ATM予定どおり稼働再開 システム刷新作業終える
「みずほフィナンシャルグループ」が去年から進めてきた銀行の中枢のシステムを刷新する作業がすべて完了しました。この連休中に止めていた全国のATM=現金自動預け払い機は、16日朝サービスを再開し、トラブルなく稼働しています。
みずほは、グループの銀行と信託銀行の中枢のシステムを刷新して一本化する作業を去年から進め、先週土曜日から全国およそ5600台のATMを休止して最後の作業を行いました。

作業は16日朝、すべて完了し、ATMやインターネットバンキングは今のところトラブルなく稼働しているということです。

窓口での振り込みの手続きなども通常どおり行われています。

また、IT各社が提供しているキャッシュレス決済サービスへのチャージも問題なく利用できているということです。

みずほは2002年と2011年に大規模なシステム障害を起こした反省から、今回のシステムの刷新ではトラブルを防ぐため作業を9回に分けて慎重に進めてきました。

総額4000億円をかけ、みずほ発足以来、最大の懸案となってきたシステムの刷新がようやく完了しますが、今後、最先端の金融技術、フィンテックを活用した新しいサービスの開発などが課題になります。