新潟 震度6強 山形沖で断層が最大1.5mずれ動く

新潟 震度6強 山形沖で断層が最大1.5mずれ動く
新潟県で震度6強、山形県で震度6弱の揺れを観測した先月18日の山形県沖の地震について、気象庁がデータを詳しく調べたところ、山形県沖の海底にある断層のうち長さと幅それぞれ10キロの領域が最大で1.5mずれ動いたとみられることがわかりました。
このほか検潮所のデータを詳しく調べた結果、観測された津波は、
▽山形県鶴岡市で11センチ、
▽新潟県の新潟港、石川県輪島港、秋田県の秋田港で8センチでした。

当時、秋田県の沿岸に津波注意報は出されず、20センチ未満の潮位変化の可能性があるという情報が出されていました。