7pay 不正防止へ「2段階認証」導入など対応策

7pay 不正防止へ「2段階認証」導入など対応策
k10011984101_201907060609_201907060609.mp4
不正利用が相次いだスマホ決済サービスの「7pay」について、「セブン&アイ・ホールディングス」は利用者がサービスに登録する際、段階を踏んで本人かどうか確認する「2段階認証」の導入や1日当たり30万円だったチャージの上限額の引き下げを決めました。
「7pay」の不正利用ではおよそ900人が被害に遭い、被害額は5500万円に上る可能性があり、会社では被害の拡大を防ぐためすべてのチャージや新規登録を停止するとともに不審な取り引きを監視する要員を増やすなどの対応を取っています。しかし、専門家からは安全対策の甘さを厳しく指摘する声が出ています。

このため「セブン&アイ・ホールディングス」は安全対策にグループをあげて抜本的に取り組む必要があると判断しました。

まず、利用者がサービスに登録する際、段階を踏んで本人かどうか認証する「2段階認証」を導入するとともに1日当たり30万円だったチャージの上限額を引き下げることを決め、具体的な上限額の検討を急いでいます。

さらに、副社長をトップとする「セキュリティ対策プロジェクト」を新たに立ち上げ、外部のアドバイザーも交えて対策の強化に取り組むとしています。

経済産業省は「7pay」の運営会社に対して徹底した原因究明と早期に再発防止策をまとめるよう求めており、セキュリティー対策が十分だと判断できないかぎり、10月から始まるキャッシュレス決済のポイント還元制度への参加は認められないとしています。