鹿児島では土砂災害に厳重警戒 関東甲信などでも激しい雨

鹿児島では土砂災害に厳重警戒 関東甲信などでも激しい雨
k10011980981_201907041046_201907041048.mp4
前線の影響で記録的な大雨となった鹿児島県では、地盤が緩んで少しの雨でも土砂災害のおそれがあり、引き続き厳重な警戒が必要です。4日朝からは関東甲信などでも激しい雨が降っていて、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、西日本と東日本の南岸に伸びる梅雨前線の影響で、鹿児島県のほか関東甲信や東海などで雨雲が発達しています。

午前10時までの1時間に、茨城県の高萩市大能で30ミリの激しい雨を観測しました。

記録的な大雨となった鹿児島県と宮崎県では先月28日の降り始めからの雨量が多いところで800ミリから1000ミリと平年の7月1か月分の2倍以上に達しています。

これまでに降った雨で地盤が緩み、鹿児島県では引き続き「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

大気の不安定な状態が続くため、
▽東海では昼すぎにかけて、
▽鹿児島県の種子島・屋久島地方と関東甲信では夕方にかけて、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

5日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽種子島・屋久島地方で150ミリ、
▽東海で130ミリ、
▽関東甲信で100ミリなどと予想されています。

気象庁は、九州南部では少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあるとして、引き続き厳重に警戒するよう呼びかけています。

関東や東海でも、土砂災害、低い土地の浸水、川の増水に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

鹿児島県では過去、雨がやんで数時間たったあとに大規模な土砂災害が発生し、多数の犠牲者が出たことがあり、自治体が発表する情報に注意し雨が弱まったとしても斜面には近づかないようにしてください。