韓国「半導体原材料などの開発に1兆ウォン」集中投資へ

韓国「半導体原材料などの開発に1兆ウォン」集中投資へ
日本政府が韓国に対する半導体の原材料などの輸出規制を強化すると発表したことを受けて、韓国政府は半導体の原材料などの開発に、年間1兆ウォン、日本円でおよそ920億円規模の集中投資を行う方針を固めたことが分かりました。
これは、韓国のイ・ナギョン(李洛淵)首相などが出席して3日に開かれた韓国政府と大統領府、それに与党による会議のあと与党の幹部が明らかにしたものです。

それによりますと、日本政府が韓国に対する輸出の優遇措置を見直し、半導体の原材料などの輸出規制を4日から強化すると発表したことを受けて、韓国政府は半導体の原材料や部品、設備の開発に、年間1兆ウォン、日本円でおよそ920億円規模の集中投資を行う方針を固めたということです。

また、半導体の原材料などの競争力強化に向けた対策を今月中に発表する予定だとしています。

今回の日本政府の措置をめぐって韓国政府は「両国関係に否定的な影響を及ぼしかねない」として、日本政府に対し撤回するよう求めるとともに、WTO=世界貿易機関への提訴も辞さない構えを見せています。

韓国では、輸出額の20%近くを占める半導体の製造などに深刻な影響が出るのではないかという懸念が広がっていて、ムン政権としては、半導体の原材料などの国産化を進める姿勢を強調することで、こうした懸念を払拭(ふっしょく)するねらいがあるとみられます。