俳優の高島忠夫さん 死去 司会でも活躍

俳優の高島忠夫さん 死去 司会でも活躍
k10011972881_201906281459_201906281502.mp4
二枚目の俳優として人気を集め、多くの映画や舞台に出演したほか、料理番組などテレビの司会者としても活躍した高島忠夫さんが26日、老衰のため亡くなりました。88歳でした。
高島さんは神戸市の生まれで、昭和26年に映画会社「新東宝」の第1期のニューフェイスとなり、翌年、「恋の応援団長」で映画デビューしました。

学生時代からジャズバンドに熱中して「歌うスター」として売り出し、長身に甘い声とマスクの二枚目の俳優として人気を集め、「坊ちゃん」シリーズなど数多くの映画に出演しました。

活動の場を舞台にも広げ、代表作となったミュージカル「マイ・フェア・レディ」などで多くの観客を魅了しました。

テレビでも民放の料理番組に長年夫婦で出演し、人気クイズ番組の司会や映画の解説者も務めました。

平成8年から放送されたNHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」で主人公の姉妹の祖父役を演じるなど、幅広い活躍で親しまれました。

妻は宝塚のスターだった寿美花代さんで、息子の高嶋政宏さんと高嶋政伸さんが共に俳優と、芸能一家としても広く知られています。

高島さんはうつ病のため平成10年から活動を一時休止していましたが、その後、復帰し、テレビ番組に出演したり治療体験をつづった本を出版したりしていました。

所属事務所によりますと、高島さんは26日、東京都内の自宅で亡くなりました。

高嶋政宏さん「最後は眠るように」

高嶋政宏さんは「病院からの、あと5分後にご家族集まってください!のエマージェンシーコールが頻繁にあるようになったのが2年前。その度に全身が総毛立つような感じにはなりましたが、ここ数数ヶ月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです。マスコミそして父のファンであった皆様、報告が遅くなりましたことお許しください。ありがとうございました」とするコメントを発表しました。

※原文ママ

高嶋政伸さん「本当に穏やかに旅立ちました」

高嶋政伸さんは「父は最後まで、明るく通る声で笑ったり話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました。このような穏やかな最期を迎えられましたのも、長きにわたり父、高島忠夫を応援して下さった皆様のおかげだと思います。心より感謝を申し上げます」というコメントを発表しました。

※原文ママ

香川京子さん「夜遅くまで語り合いました」

NHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」で高島さんと夫婦役を務めた俳優の香川京子さんは「本当に明るく楽しい方で、お話がとてもおもしろく、夜遅くまで語り合った思い出があります。高島さんが映画会社の『新東宝』に入る際、私は審査員として高島さんに点数を入れた覚えがあります。そのせいか高島さんにお会いするたびに香川さんのおかげで新東宝に入れたと冗談をおっしゃっていました。とても残念でご冥福をお祈りします」と話していました。

大空眞弓さん「どんな時でも明るく優しい人」

高島さんと映画「坊ちゃん天国」で共演した俳優の大空眞弓さんは、「私がまだ高校生のときに生まれて初めて出た映画で、高島さんが兄の役でした。ドアを開けて部屋に入りながら『お兄ちゃん』と呼びかけたのが最初のセリフだったのですが、高島さんはスターなのに威張ることなく右も左も分からない私に対して気さくに接してくれました」と当時を振り返りました。

そして、「世間のイメージのとおり、どんな時でも明るく優しい人で、奥様の寿美さんのこともよく話していて、本当に仲のいいおしどり夫婦でした。とても残念ですが、天国から奥様のことを見守ってくださいねと伝えたいです」と話していました。