G20大阪サミットが開幕 「大阪トラック」創設を宣言

G20大阪サミットが開幕 「大阪トラック」創設を宣言
G20大阪サミットが開幕し、議長を務める安倍総理大臣は「デジタル経済」をテーマにした特別イベントで、データの流通や電子商取引に関するルール作りを進めるため、G20各国などが参加する、「大阪トラック」と名付けた国際的な議論の枠組みの創設を宣言しました。
日本で初めて開かれるG20大阪サミットは、28日午前、大阪・住之江区の国際展示場「インテックス大阪」に各国の首脳らが次々に到着し、議長を務める安倍総理大臣の出迎えで開幕しました。

正午すぎからは、「デジタル経済」のルールづくりをテーマにした首脳特別イベントが開かれ、安倍総理大臣をはじめ、アメリカのトランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領らが出席しました。

この中で、習主席は「デジタル経済は日進月歩の進展をとげ、経済社会を変えている。デジタル経済の大国として、中国は国際協力に積極的に参加したい」と述べました。

また、トランプ大統領は「G20のメンバーと一緒に、オープンで公平で、自由にデータが流れ、新しい繁栄をすべての国々にもたらす、そういう経済を築いていきたい」と述べました。

これを受けて、安倍総理大臣は「急速に進行するデジタル化の潜在力を最大限活用するためには、それに遅れをとらない国際的なルールが不可欠だ」と述べ、データの流通や電子商取引に関するルール作りを進めるため、G20各国などが参加する、「大阪トラック」と名付けた国際的な議論の枠組みの創設を宣言しました。

このあと午後0時半すぎからは、世界経済や貿易をテーマにした最初のセッションが行われています。