容姿似た無関係の男性を誤認逮捕 警視庁

容姿似た無関係の男性を誤認逮捕 警視庁
k10011971761_201906272059_201906272104.mp4
警視庁が、恐喝事件の捜査で無関係の20代の男性を誤って逮捕していたことがわかりました。事件を起こしたのは、男性の以前の住所と同じ場所に住む似た男だったということで、警視庁は謝罪するとともに指導を徹底したいとしています。
警視庁によりますと、去年12月、東京 千代田区で男が現金17万円を脅し取る事件があり、万世橋警察署が行方を捜査していたところ、事件に関わった男の都内の住所が浮上しました。

運転免許証の情報では、この住所には20代の男性が住んでいることになっていて、警視庁はこの男性を恐喝などの疑いで今月24日に逮捕しました。

しかし、その後の調べで男性は半年前に引っ越していて事件当日のアリバイがあることがわかりました。

男性が引っ越したあと、同じ住所によく似た別の男が住んでいて、事件を起こしたのは、この男だったということです。

警視庁は男性を釈放するとともに、男を逮捕しました。

誤認逮捕された男性は「非常につらかった。私のような人を二度と出さないでほしい」と話しているということです。

警視庁は男性に謝罪するとともに「このようなことがないよう指導を徹底したい」とコメントしています。