G20 中国の車列警護の警察車両が横転 警察官1人軽いけが

27日午後2時20分ごろ、G20大阪サミットに出席するため来日した中国の習近平国家主席の車列を警護していた警察車両が、高速道路上で横転しました。
警察によりますと、一般車両の通行が禁止されていた阪神高速大阪港線の上り線の天保山出口の手前の左カーブで横転し、中央分離帯に衝突したということです。

車列の最後尾を走っていたため、警護に影響はありませんでした。

車には警察官5人が乗っていましたが、このうち運転していた30代の巡査長が軽いけがをしたということです。車のタイヤがパンクしたという情報があり警察が詳しい状況を調べています。