下着の新シリーズ名 “キモノ” で物議

下着の新シリーズ名 “キモノ” で物議
女優やモデルとして活躍するアメリカのキム・カーダシアンさんが、自身の新たな下着のシリーズにキモノという名称を使ったことが物議を醸しています。
キム・カーダシアンさんは25日、ツイッターに投稿し下着の新シリーズ「Kimono」を立ち上げたと発表しました。

カーダシアンさんは「私は15年間このことに情熱を注いできました」とコメントし、その後のツイートでこの下着のシリーズについて、自分の肌の色に合わせられるよう9色を展開していることや、サイズが豊富であることなどを紹介しています。

これに対しツイッター上では、アメリカ国内に住む日本人などから「私たち日本人が知っているのと全く違うものが“Kimono”という名前で使用されていることに悲しみを覚えます」とか、「リスペクトの無さにビックリ」といった批判の声が相次ぎました。

カーダシアンさんはツイッターのフォロワーが6000万人以上と大きな影響力を持っています。

全国和装学院連絡会の中崎良文事務局長は「着物は日本人の歴史的・文化的な共有財産です。米国で商標登録も出されていると聞いていますが、理解が十分にないのは残念です。カーダシアンさん本人にも批判を受け止めて考え直してほしいです」と話しています。