沖縄戦の悲惨さ伝える映像「震える少女」は自分と名乗り出る

沖縄戦の悲惨さ伝える映像「震える少女」は自分と名乗り出る
k10011968571_201906252001_201906252002.mp4
沖縄戦の悲惨さを伝える映像としてたびたび放映される「震える少女」について、那覇市の81歳の女性が少女は自分だと名乗り出て当時のことを語りました。専門家は「当時の状況を知るための貴重な証言になる」と話しています。
「震える少女」は、沖縄戦の組織的な戦闘が終わる直前、アメリカ軍が本島南部で撮影したもので、震えながら道端に座り込む泥まみれの姿は、戦争の悲惨さを伝える映像としてたびたび放映されてきました。

この少女について、那覇市に住む浦崎末子さん(81)が自分だと名乗り出ました。

以前から映像に映っている衣服などを見て自分だと思っていましたが、親戚から勧められて、このほど、名乗り出ることを決めたということです。

浦崎さんは沖縄戦で父親と兄、弟の3人を失いました。

映像が撮影された当時は7歳で、姉と2人で逃げていた途中、1人だけになったところをアメリカ兵に見つかり、道端に座らされた時だったということです。

浦崎さんは「アメリカ兵がお菓子をくれようとしたが、毒が入っていると教わっていたのでもらわなかった。殺されると思い、兵士の青い目が怖かった」と当時のことを語りました。

沖縄戦の映像に詳しい元琉球大学非常勤講師の山内榮さんは「映像と証言を照らし合わせると70%から80%は本人だと思う。市民が巻き込まれた沖縄戦の状況を知るための貴重な証言になる」と話しています。