内閣不信任決議案 衆議院本会議で否決

内閣不信任決議案 衆議院本会議で否決
k10011968241_201906251658_201906251701.mp4
立憲民主党など野党5党派が提出した、安倍内閣に対する不信任決議案は、25日午後開かれた衆議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会などの反対多数で否決されました。
国会の会期末を26日に控え野党5党派が提出した、安倍内閣に対する不信任決議案は、午後の衆議院本会議で、審議が行われました。

立憲民主党の枝野代表は、およそ1時間にわたって趣旨弁明を行い「安倍内閣が不信任に値する理由は、枚挙にいとまがないが、はじめに指摘しなければならないのは、国民生活に直結する年金と消費税に関する、無責任かつ不誠実極まりない姿勢だ」と述べました。

これに対し、自民党の萩生田幹事長代行は、討論で「安倍内閣と自民党は、あの悪夢のような時代から、日本を取り戻すために、これまで、次の世代に、誇りと希望をもたらす政治を前に進めてきた」と反論しました。

本会議では、このあと記名投票による採決が行われ、内閣不信任決議案は、自民・公明両党と日本維新の会などの反対多数で否決されました。

国会は26日会期末を迎え、閉会後には、参議院選挙が来月4日公示、21日投票の日程で行われる見通しで、各党は事実上の選挙戦に入ることになります。

安倍総理「幸い、時間が短く終わった」

安倍総理大臣は、25日午後6時すぎ、総理大臣官邸で開かれた、女性活躍社会の実現に向けて取り組む団体や企業との懇談会であいさつし「大変心配していたが、おかげさまで、この会に出席することができた。きのうは参議院で問責決議案が出され『お前はだめだ』と厳しい批判を浴びたが、幸い否決してもらった。きょうは、どのぐらい時間がかかるか分からなかったが、幸い、時間が短く終わった」と述べました。

自民 二階幹事長「堂々と否決した」

自民党の二階幹事長は、記者団に対し「安倍内閣は、次の世代に誇りと希望をもたらす政治をしっかりと前に進めてきたという自負を持っている。その実績は、国民から一貫して高い支持を得てきたので、与党として不信任決議案を堂々と否決した。参議院選挙に向けて、さらに団結を強固にし全力を尽くしていきたい」と述べました。

一方、衆参同日選挙については「まだ分からない。残された時間がわずかでも、政権を運営する最高責任者がどういう考えで対応するか、まだ確かめていない」と述べました。

自民 森山国対委員長「否決されたことはよかった」

自民党の森山国会対策委員長は、記者会見で「安倍内閣は、次の世代に誇りと希望をもたらす政治をしっかり進めてきた。内閣不信任決議案が否決されたことはよかった」と述べました。

また、衆議院の解散について「あすが会期末なので、ないだろう。安倍総理大臣は非常に難しい判断をしたのだろう」と述べました。

公明 斉藤幹事長「否決されて当然」

公明党の斉藤幹事長は、記者団に対し「立憲民主党の枝野代表の趣旨弁明は、年金不安をあおるような内容で、全く説得力がなかった。安倍内閣は、経済や外交などをきちんと行っており、否決されて当然だ」と述べました。

そのうえで「今の国会を振り返ると、統計問題や金融庁の審議会の報告書の問題など反省すべき点は多々ある。今後は、緊張感を持って、政権運営や参議院選挙に取り組んでいかなければならない」と述べました。

衆参同日選挙については「なくなったと理解している。非常によかった」と述べました。

立憲 福山幹事長「参院選は全力で戦う」

立憲民主党の福山幹事長は、記者団に対し「野党が結束して内閣不信任決議案を提出し、『安倍政権は信任に値せず』と示せたことは、よかった。老後2000万問題など、安倍政権が国民生活に向き合っていないことが明らかになり、参議院選挙は、暮らしの安心を回復する選挙だ。全力で戦っていきたい」と述べました。

また、福山氏は「衆参同日選挙」について「あすまで、国会の会期があるので、解散するかしないかはまだ分からない。ただ、きょうの時点では、内閣不信任決議案を『大義だ』と言っていたにもかかわらず、解散はできなかったということだと思う」と述べました。

共産 志位委員長「野党が結束 よかった」

共産党の志位委員長は、記者会見で「野党が結束して内閣不信任決議案を提起したことは、よかったと思う。決着は、参議院選挙で勝利し、安倍政権を退場させるという結果を作ることで示したい。参議院選挙では、自民党と公明党とその補完勢力を少数に追い込み、衆議院と参議院で『ねじれ』を作る」と述べました。