路上で会社員2人刺され死亡 無職の男逮捕 トラブルか 名古屋

路上で会社員2人刺され死亡 無職の男逮捕 トラブルか 名古屋
k10011967281_201906250920_201906250924.mp4
24日夜、名古屋市の路上で会社員2人が刃物で刺されて死亡し、警察は現場から逃げた男を殺人の疑いで逮捕しました。事件の直前、2人がこの男と口論しているのが目撃されていて、警察はトラブルがあったとみて詳しいいきさつを調べています。
24日夜10時半ごろ、名古屋市北区西味鋺1丁目の路上で「人が刃物で刺されている」と警察に通報がありました。

警察が駆けつけたところ、
▽近くに住むビルメンテナンス会社の社員、赤松英司さん(41)と、
▽同僚で愛知県大府市の小笠原智之さん(44)が、刃物で刺されて倒れていて、病院に運ばれましたが、いずれも出血性ショックで死亡が確認されました。

警察は逃げた男の行方を捜査していましたが、25日午前4時半ごろ、現場近くに住む無職の佐藤俊彦容疑者(38)を、小笠原さんの胸などをナイフで刺して殺害した疑いで逮捕しました。

警察によりますと、凶器とみられるナイフも見つかっているということです。

現場近くでは事件の直前に2人が佐藤容疑者と口論しているのが目撃され、警察はトラブルがあったとみて詳しいいきさつを調べています。

警察によりますと、調べに対し佐藤容疑者は黙秘しているということです。

犯人か「ひょろっとして背が高かった」

現場のそばのマンションに住む50代の女性は「男性どうしがけんかしているように見えた。倒れている人がいたので、すぐ駆け寄って心肺蘇生をしたが、反応もなく、肩などが血まみれだった。まさか自分の家の前でこんな事件が起きるとは思わず、怖いです」と話していました。

同じマンションに住む40代の女性は「犯人らしき人物は、ひょろっとした感じで背が高く、慌てる様子もなく南の方向へ徒歩で逃げたようだった」と話していました。

現場のそばのマンションに住む20代の男性は「帰宅してみるとパトカーなどがたくさん来ていて、自分の部屋のベランダから、血が広がっているのが見えました。犯人は捕まっていないということなので、外に出るのが怖いです」と話していました。

現場近くのマンションに住む50代の男性は「午後10時半くらいにけんかをしているような声がして、ベランダに出てみると人が倒れているのが目に入り、周辺をうろついている人物が見えました。ここには何十年も住んでいますが、このような事件は初めてです。早く犯人が捕まってくれることを願っています」と話していました。

佐藤容疑者の自宅の近くに住む20代の女性は「今月上旬にも近くで見かけましたが、ふだんから近所づきあいもなく、誰かと話しているのも見たことがありません」と話していました。

近所の70代の女性は「佐藤容疑者の自宅に人が出入りしている様子は、ほとんど見たことがありません。近所とのつきあいは無く、トラブルを起こしたという話も聞いたことがありません」と話していました。

離れた場所に2人倒れる

事件があった路上近くのマンションに住む男性が撮影した映像では、路上で白い服を着た人物が血を流して倒れているのが確認できます。

撮影した男性によりますと、午後10時半ごろにマンションの外で男性が話しをする声が聞こえ、その10分程度が過ぎた頃にパトカーのサイレンの音が聞こえたということです。

マンションから外を見ると、男性1人が血を流して倒れ、少し離れた場所でもう1人の男性が倒れていたということです。

撮影した男性は「30年ほど住んでいますが、身近なところで事件がありとても驚いています。早く犯人が捕まってほしいです」と話していました。

「救急車呼んで」女性が叫ぶ声

事件のあった現場近くのマンションに住む男性が撮影した動画には、パトカーなどのサイレンが鳴り響く中、倒れている男性を不安そうに見守る人たちの姿が映っています。

撮影した男性は「午後10時半ごろ、自宅で眠っていたところ、『救急車を呼んでください。心臓マッサージができる人はいませんか』などと、女性が叫ぶ声を聞いて目が覚めた。外を見ると路上に男性2人が見え、1人が血を流して横たわり、体は動いていませんでした。現場の近くでは消防団などがスピーカーで『刃物を持った男が捕まっていないので注意するように』と呼びかけていました。このような事件が起きて、怖くて出歩けません」と話していました。

亡くなった2人「職場のムードメーカー」

亡くなった2人が勤めていた会社の関係者によりますと、2人は、この会社の同じ事業所に所属する先輩・後輩で、ビルなどの物件を巡回してメンテナンスをする仕事を担当していたということです。

明るい性格の2人は職場のムードメーカーのような存在で、24日もふだん通り出勤していたということです。

会社の関係者は「赤松さんは嫌な仕事も率先してこなす人で、先輩に当たる小笠原さんもいつも一生懸命で、安心して仕事を任せられる人でした。これまでトラブルに巻き込まれたようなことはなく、事件のことはいまだに信じられません。2人のご家族のことが心配でなりません」と話していました。