今夜遅くにかけ東日本中心に大気不安定

今夜遅くにかけ東日本中心に大気不安定
k10011966121_201906240628_201906240628.mp4
上空の寒気と湿った空気が流れ込んでいる影響で、東日本では関東甲信を中心に雨雲が発達しています。このあと24日夜遅くにかけて、東日本を中心に局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、上空の寒気と湿った空気が流れ込んでいる影響で、大気の状態が不安定となり、関東甲信を中心に局地的に雨雲が発達しています。

このあと、東日本を中心に大気の不安定な状態が続く見込みで、24日夜遅くにかけて、雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。

これまで降った雨で地盤が緩くなっているところがあり、少しの雨でも土砂災害の危険が高まるおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、それに落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。