富士山 山開きに登頂できない見通し 山梨側 石積み崩れ

富士山 山開きに登頂できない見通し 山梨側 石積み崩れ
富士山の山頂付近で崩れた石が登山道を覆っていることを受け、撤去作業に時間がかかることから、来月1日の山梨県側の山開きの際は、山頂まで登れない見通しになりました。
富士山では、去年の夏山シーズンのあと、頂上にある「久須志神社」の前の石積みが崩れているのが見つかり、山梨県などが今月17日に現地調査を行った結果、石が崩れた範囲が高さ・幅ともにおよそ10メートルずつあり、崩れた大量の石が山頂に通じる登山道を覆っていて、登山者の安全を確保するために設置されているフェンスの土台が崩れていることなどが分かったということです。

このため、撤去作業には当面、時間がかかるとして、来月1日の山梨県側の山開きの際は山頂まで登れない見通しになりました。

ふもとの富士吉田市の堀内茂市長は、「登山客の方に快適な富士山を楽しんでもらうため、安全最優先で進めてほしい」と話しています。