地震でキャンセル相次ぐ さくらんぼ農家に打撃

地震でキャンセル相次ぐ さくらんぼ農家に打撃
今が旬のさくらんぼ狩りを楽しむことができる山形県鶴岡市の観光農園では地震の影響で観光客のキャンセルが相次いでいます。観光農園の代表は「被害はないのでぜひ足を運び、さくらんぼを味わってほしい」と呼びかけています。
山形県はさくらんぼの生産が全国1位で、震度6弱の揺れを観測した鶴岡市の西片屋地区には、さくらんぼ狩りが楽しめる観光農園があります。

宮城良太さんが代表を務める「鈴木さくらんぼ園」では、主力品種の「佐藤錦」や「紅秀峰」などが真っ赤に色づき、いま食べ頃を迎えています。

観光農園によりますと、例年、この時期は平日でも1日100人はさくらんぼ狩りに訪れるということですが、18日の地震による被害がないものの、19日からキャンセルが相次いでいるということです。

農園の年間収入の半分はさくらんぼ狩りの入園料が占めていて、旬を迎えるこの時期の観光客の減少は大きな打撃です。

群馬県から家族と訪れた37歳の男性は「地震の影響でお客さんが少ないようなので残念です。おいしいので皆さんに楽しんでほしい」と話していました。

観光農園の宮城良太さんは「地震が発生して大打撃を受けてしまった。地震の被害は何もないので、ぜひ遊びに来て、さくらんぼを味わってほしい」と話していました。