津波注意報 すべて解除

津波注意報 すべて解除
18日夜、山形県沖でマグニチュード6.7の地震があり、新潟県村上市で震度6強の揺れを、山形県鶴岡市で震度6弱の揺れを観測しました。気象庁は山形県から石川県にかけての沿岸に津波注意報を出していましたが、午前1時すぎにすべて解除しました。
気象庁によりますと、18日午後10時22分ごろ、山形県沖の深さ14キロを震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。

この地震で、新潟県村上市で震度6強の激しい揺れを観測したほか、山形県鶴岡市で震度6弱の激しい揺れを観測しました。

また、震度5弱の揺れを新潟県の長岡市と柏崎市、阿賀町、山形県の酒田市と三川町、大蔵村、それに秋田県由利本荘市で観測しました。

このほか、関東甲信越や東北、北海道、北陸などの広い範囲で震度4から1の揺れを観測しました。

気象庁は山形県から石川県にかけての沿岸に津波注意報を出していましたが、午前1時2分にすべて解除しました。

気象庁は、今後、多少の潮位の変化があるかもしれませんが、津波の被害の心配はないとしています。

これまでに、新潟県の新潟港で午前0時6分、10センチの津波を観測したほか、新潟県粟島と山形県の酒田港、それに石川県輪島港でいずれも微弱な津波が観測されました。

気象庁は、揺れの強かった地域では今後1週間程度は最大震度6強程度の地震が発生する可能性があるとして、今後の地震活動による土砂災害や建物の倒壊などに十分注意するよう呼びかけています。