イージス・アショア 地元側“協議応じられず” 事態打開難しく

イージス・アショア 地元側“協議応じられず” 事態打開難しく
新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備をめぐり、岩屋防衛大臣は、調査データのミスなどを秋田県の佐竹知事らに陳謝しました。防衛省は、追加の調査を行ったうえで引き続き、配備への理解を求めていく方針ですが、地元側は、協議には応じられないとしていて早期の事態打開は難しい見通しです。
「イージス・アショア」の配備をめぐり、秋田市に関連する調査データのミスや、住民説明会で職員が居眠りしたことについて、岩屋防衛大臣は、17日、秋田県の佐竹知事、秋田市の穂積市長に直接陳謝しました。

これに対し、佐竹知事は「住民の怒りを踏まえるとマイナスからのスタートだ」と述べたほか、穂積市長も「住民は、配備先が秋田市ありきではないかと感じている」と述べ、強い不信感を伝えました。

防衛省は、秋田市を配備場所とすることについて、調査データのミスはあったものの、自衛隊の演習場内でもあり最も適しているとしていて、ほかの調査地点でも追加の測量などを行い、改めて検証したうえで、引き続き配備への理解を求めていく方針です。

ただ地元側は、配備に関する協議には応じられないと態度を硬化させていて、防衛省内では、配備場所の正式決定は来年にずれ込むという見方も出るなど、早期の事態打開は難しい見通しです。