“スマホ使って給料前払い”広がる アルバイト確保に効果

“スマホ使って給料前払い”広がる アルバイト確保に効果
k10011954891_201906170701_201906170702.mp4
スマートフォンを活用して給料を前払いで受け取れるサービスが広がっています。アルバイトを集めやすくなることが背景ですが、従業員に手数料がかかる場合があるため、金融庁は利用のしかたには注意も必要だとしています。
IT企業の「ペイミー」は、スマホのアプリで申請すると働いた分の給料の一部を前払いで受け取れるサービスを提供していて、およそ250社が利用しています。

このうち、都内の飲食店はアルバイトの確保が課題になっていましたが、サービスを導入したところ、求人の際、応募者が増えたということです。

飲食店の運営企業の室井進外食部部長は「アルバイトの従業員が日々働いた成果をすぐお金で得られることが、人材確保につながっている」と話しています。

こうしたサービスは、伊藤忠商事の子会社も来月から本格的に始めるほか、リコーの子会社もすでに参入しています。

一方で、サービスの利用には企業か従業員のどちらかが手数料を支払う必要があり、従業員が数%の手数料を負担する場合もあります。

このため金融庁は、頻繁な利用には注意が必要だとしていて「賃金の先取りで利用者の生活がかえって悪化しないよう気をつけてほしい」と呼びかけています。