ペルーで「ギラン・バレー症候群」が集団発生 旅行者も注意を

ペルーで「ギラン・バレー症候群」が集団発生 旅行者も注意を
k10011949341_201906120710_201906120714.mp4
南米のペルー政府は、手足に力が入らなくなる難病の「ギラン・バレー症候群」が首都リマや北部の観光地などで、集団発生していることを受けて健康上の非常事態の宣言を出しました。現地の日本大使館も、旅行者などに衛生対策を徹底するよう注意を呼びかけています。
ペルー政府によりますと、首都リマや北部の観光地では、ことしに入り、ギラン・バレー症候群が206例確認され、このうち4人が死亡しています。

ギラン・バレー症候群は年間の発症率が10万人に1人と言われる難病で、発症すると手足に力が入らなくなり、まひが全身に急速に広がって、最悪の場合、死に至ることもあります。

ペルー政府は、患者の広がりを受けて今月8日に、健康上の非常事態の宣言を出し、筋力の低下などの症状が出た場合には、すぐに病院で診察を受けるよう呼びかけています。

また、蚊が媒介するジカ熱との関連も指摘されていることから専門の医師を現地に派遣して原因の調査を行っています。

ペルーには世界遺産のマチュピチュなどに多くの日本人観光客が訪れていて、現地の日本大使館は、トイレの後の手洗いや食べ物をきれいに洗うなど衛生対策を徹底するよう注意を呼びかけています。

ギラン・バレー症候群とは

ギラン・バレー症候群は、免疫が自分の神経細胞を攻撃するために手足などのまひが起き、まれに重症化すると、呼吸ができなくなって死亡することがある自己免疫疾患と呼ばれる病気です。

国内では1年間に10万人当たり1.15人の割合で発症しています。

発症の原因はよくわかっていませんが、多くは特定の食中毒や一部のウイルスに感染することがきっかけになるとされています。

最近は、蚊が媒介するウイルス性の感染症の「ジカ熱」に感染することで、発症するケースがある可能性が報告されています。

治療法としては、血液から異常な抗体を取り除く「血しょう交換」などが行われます。

日本人では、いずれも俳優として活躍した安岡力也さんや、大原麗子さんがこの病気だったとされています。

WHO西太平洋事務局に所属して海外の病気の対策にあたったことがある東北大学の押谷仁教授は「ギラン・バレー症候群の発生が特定の地域で集中して報告されることは珍しい。ギラン・バレー症候群そのものは感染症ではないため、うつることはないが、感染症をきっかけに発症することが知られているので、現地に行く人は食中毒に注意するほか、病気を媒介する虫に刺されないために長袖、長ズボンを着用するなどして、発症のきっかけとなる感染症にならないようにすることが大切だ。最近は特に、蚊が媒介するジカ熱がギラン・バレー症候群の発症のきかっけになっているのではないかという報告もあり、ジカ熱にかからないようにすることも必要だ」と話しています。

東京オリンピック・パラリンピックなどにも関係があると指摘し、「日本を訪れる外国人が増えれば、感染症のリスクが高まり、同時にこうした病気のリスクも高くなると考えられる。オリンピックに向けてさまざまな病気を早く察知できる検査と治療の体制を整える必要がある」と話しています。