東京都のHP 児童虐待防止キャラクターを表記ミス

東京都のHP 児童虐待防止キャラクターを表記ミス
東京都のホームページに掲載されている児童虐待防止推進キャラクターが「防止」の文字が抜けて「児童虐待推進キャラクター」と誤って表記されていたことが分かりました。都は外部の指摘を受けて誤りを修正し、謝罪しました。
表記の誤りが見つかったのは、東京都が児童虐待を防止するために開設したホームページです。

貝をモチーフにして作られた「東京都児童虐待防止推進キャラクター OSEKKAIくん」が、「防止」の文字が抜けて「児童虐待推進キャラクター」と誤って表記されていました。

都によりますと、11日にホームページを見た人から誤りを指摘され、11日夜、表記を修正したということです。

このホームページは、都が外部の業者に委託してことし4月にリニューアルしたということですが、都の担当者のチェックが不十分で誤りに気がつかなかったということです。

今回の表記の誤りについて、ツイッターには「推進しちゃまずいでしょ」とか、「いちばん間違ってはいけないところなのに」などという批判の声が相次いで投稿されていました。

東京都福祉保健局家庭支援課は「あってはならないミスで、申し訳ありません。2度とこのようなことがないよう再発防止を図り、引き続き、児童虐待防止の普及啓発に力を入れていきたい」と話しています。