日本ハム 吉田輝星 あすプロ初登板へ 「全力で投げたい」

日本ハム 吉田輝星 あすプロ初登板へ 「全力で投げたい」
プロ野球 日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手が12日行われる広島との交流戦でプロ初登板するのを前に、「体力が尽きてもいいので全力で投げていきたい」と意気込みを語りました。
吉田投手は12日、本拠地・札幌ドームで行われるセ・リーグ首位の広島との交流戦に先発し、プロ初登板することになっています。

登板を前に11日、チームの練習に参加した吉田投手は、緊張した様子を見せず、ランニングやキャッチボールなど軽いメニューでコンディションを整えていました。

吉田投手は、ここまで2軍で主に先発として9試合に登板し、0勝3敗で防御率は4.15。
最長でも投げたイニング数は5回途中にとどまります。

それでも2軍では持ち味のストレートで三振を奪えていることや、1軍の先発ピッチャーの頭数がそろわない中で、将来のエース候補に早く1軍のマウンドを経験させるため、今回のプロ初先発が決まりました。

練習後、吉田投手は「2軍でしっかり準備をしてきたので、自分の力がどこまで通用するのか、すごく楽しみ。いつもどおり持ち味であるストレートで押していきたい」と話しました。

そのうえで「プロ1球目はストレートを投げられればいいなと思う。2軍でも5回を投げ切れていない。体力が尽きてもいいので、いけるところまで全力で投げていきたい」と意気込みを語りました。

また栗山英樹監督は「自分の全部を出して思い切ってやってもらいたい」と期待を寄せていました。