カナダ 使い捨てプラスチック容器や包装の提供禁止へ

カナダ 使い捨てプラスチック容器や包装の提供禁止へ
k10011948221_201906110610_201906110618.mp4
海に投棄されたプラスチックごみによる環境汚染が問題となる中、カナダ政府は、早ければ2021年から、レジ袋やストローといった使い捨てのプラスチックの容器や包装の提供を禁止すると発表しました。
カナダのトルドー首相は、10日に行った演説の中で「カナダではプラスチックのうち10%もリサイクルされていない」と指摘し、早ければ2021年からレジ袋やストローといった使い捨てのプラスチックの容器や包装の提供を禁止すると発表しました。

そのうえで、「プラスチックを使った製品をつくっているメーカーも、プラスチック包装を活用している企業もプラスチックごみについては責任を持って対応してもらう」と述べて、自治体や企業と連携してプラスチックごみの削減に取り組む考えを示しました。

具体的にどういった製品が禁止の対象となるかについては、ヨーロッパ各国などの事例を参考に、科学的な根拠に基づいて決めるとしていますが、カナダのメディアは、ペットボトルも含まれるとしています。

プラスチックごみをめぐっては、去年1月に最大の受け入れ先だった中国が環境汚染に対する懸念から輸入を禁止して以降、先進各国の間では、行き場を失った大量のごみの処分が大きな課題となっています。

カナダがごみ対策で厳格な措置に乗り出せば、ほかの国の対応にも影響しそうです。