イラン 低濃縮ウラン増 IAEA事務局長「緊張高まっている」

イラン 低濃縮ウラン増 IAEA事務局長「緊張高まっている」
k10011948191_201906110443_201906110452.mp4
IAEA=国際原子力機関の理事会がオーストリアのウィーンで開かれ、天野之弥事務局長は、イランが低濃縮ウランの生産を増やしていると指摘し、「核合意を巡って緊張が高まっている」と懸念を示しました。
IAEAの定例理事会は、オーストリアのウィーンにある本部で10日始まり、天野事務局長は記者会見で、直近の分析から「イランが低濃縮ウランの生産を増やしている」などと指摘したうえで、「核合意を巡って緊張が高まっている」と懸念を示しました。

イランは先月、核合意からの一方的な離脱を表明したアメリカへの対抗措置として合意内容を一部履行しないことを表明し、低濃縮ウランの増産を発表していました。

このため、このままではイランの低濃縮ウランの貯蔵量が、核合意が定めた制限を超える可能性があるとの見方も出ていて、天野事務局長は「関係国は対話を通して緊張緩和の糸口を見いだしてほしい」と呼びかけました。

アメリカによる制裁で経済状況が悪化するイランは、ヨーロッパに対し、制裁を回避してイランと貿易できるようにする措置を求めていて、これに進展が見られなければ、本格的な核開発を再開させるとしています。

IAEAは、査察などを通して引き続きイランの核合意の履行状況を確認し、違反が認められた場合には、各国に報告して対応を協議するとしています。