バレーボール女子 栗原恵が引退会見「やりきった」

バレーボール女子 栗原恵が引退会見「やりきった」
バレーボール女子の日本代表としてアテネから2大会連続でオリンピックに出場し、今月、引退を表明した栗原恵さんが都内で記者会見を開き、「やりきったという気持ちです」と今の心境を披露しました。
34歳の栗原さんは、長身を生かした鋭いスパイクを持ち味に「プリンセス・メグ」の愛称で親しまれ、2004年のアテネ大会、2008年の北京大会とオリンピックに2大会連続で出場しました。

昨シーズンはJTでプレーしましたが、先月末に退団し、今月4日、みずからのブログなどで現役引退を表明しました。

栗原さんは10日、都内で記者会見を開き、「正直ほっとしています。やりきったという気持ちで、さわやかに朝を迎えることができました。昨シーズン、JTに移った際にやり残したことはないと思い、この1シーズンはチャレンジだったので、迷いはありませんでした。けがも多く、心配をおかけしたり悔しい思いをしたりしましたが、バレーボール人生の目標が『やってきてよかったと笑顔で言う』だったので、思い描いたどおりになり、幸せな選手生活でした」と今の心境を披露しました。

そして、来年の東京オリンピックを目指す代表選手に向けて、「オリンピックは出場するだけでプレッシャーがかかるし、国を背負うのはそれだけの重みがあります。東京で開催されるということで、さらにプレッシャーがかかると思うので、私からはプレッシャーをかけず一ファンとして応援したい」と励ましのことばを贈りました。

また今後については「自分に何ができるのか勉強させてもらいながら、バレーボール界やスポーツ界に恩返しができたら幸せだなと思います」と話していました。