熊谷6人殺害事件 被告のペルー人 2審も無罪主張

熊谷6人殺害事件 被告のペルー人 2審も無罪主張
4年前、埼玉県熊谷市で3軒の住宅に次々に侵入して6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、1審で死刑を言い渡されたペルー人の被告の2審の裁判が始まり、被告の弁護士は責任能力がない状態だったとして改めて無罪を主張しました。
ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)は、平成27年9月、熊谷市で住宅3軒に次々に侵入して6人を殺害し、クローゼットや浴槽に遺体を遺棄したとして、強盗殺人などの罪に問われています。

1審のさいたま地方裁判所が求刑通り死刑を言い渡したのに対し、被告側が控訴し、10日から東京高等裁判所で2審の裁判が始まりました。

被告の弁護士は、統合失調症による影響が大きく、責任能力がない状態だったとして、1審に続いて無罪を主張しました。

弁護側の証人として精神鑑定をした医師が出廷し、「犯行前から被告が統合失調症を発症していたことは間違いなく、犯行を命令するような幻聴があった可能性もある。病気の治療が行われていないため、現在は状態が悪化している」と証言しました。

一方、検察は、控訴を退けるよう求めました。