横浜市営地下鉄脱線 装置をレール上から撤去し忘れたか

横浜市営地下鉄脱線 装置をレール上から撤去し忘れたか
k10011942521_201906061228_201906061232.mp4
6日朝、横浜市で、市営地下鉄のブルーラインの始発電車が脱線し、今も一部の区間で運転ができなくなっています。けがをした人はいませんでした。横浜市交通局によりますと、夜間、点検していた装置をレールの上に置いたまま撤去し忘れ、そこに電車が乗り上げたとみられるということで詳しい状況を調べています。
6日午前5時20分ごろ、横浜市泉区の下飯田駅の付近で、横浜市営地下鉄ブルーラインの上りの始発電車が脱線しました。

横浜市交通局によりますと電車は6両編成で、神奈川県藤沢市にある始発駅の湘南台駅を出発し、隣の下飯田駅を出て120メートルほどの場所で、前から5両が進行方向の左側に脱線して止まったということです。

警察によりますと当時、始発電車には乗客およそ120人から130人が乗っていましたが、けがをした人はいませんでした。

事故の影響でブルーラインは今も湘南台駅と踊場駅の間で運転ができなくなっているため、踊場駅とあざみ野駅の間で折り返し運転を行っています。
今のところ、運転再開の見通しは立っていないということです。

横浜市交通局によりますと6日午前1時半ごろから午前4時前まで、作業員3人が工事用車両を通すための装置を点検した際、この装置をレールの上に置いたまま撤去し忘れ、そこに始発電車が乗り上げたとみられるということです。
市は作業手順にミスがあったとして当時の詳しい状況を調べています。

一方、国の運輸安全委員会も鉄道事故調査官3人を派遣し、午前10時すぎから現場で原因の調査にあたっています。

運転見合わせ区間にある立場駅では

横浜市営地下鉄ブルーラインの運転見合わせ区間にある横浜市泉区の立場駅では駅の改札口に運転の一部見合わせを知らせる看板が設置されました。

また、通勤や通学の利用客が駅員に運転再開の見通しや、振り替え輸送について尋ねる姿も見られました。

30代の男性は「出勤のために駅に来たところ、運転の見合わせを知りました。事故なので仕方がないですが、会社には遅れると思います」と話していました。

また通学で地下鉄を利用している高校生は「振り替えのバスを利用しようと思いましたが、混雑しているので、地下鉄の運転再開を待つつもりです。学校には遅刻してしまうと思います」と話していました。

横浜市営地下鉄とは

横浜市営地下鉄は市の交通局が運営する地下鉄で「ブルーライン」と「グリーンライン」という愛称で呼ばれる2路線があります。

このうち「ブルーライン」は昭和47年に開業し、神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅の40キロ余りを走っています。

横浜市交通局が陳謝

横浜市営地下鉄ブルーラインの脱線を受けて運営する横浜市交通局が6日午前9時から市役所で記者会見し、「ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした」と陳謝しました。

横浜市交通局によりますと、運転士は「当時、時速35キロほどで走っていて、大きな衝撃を感じ、砂ぼこりが舞った。ブレーキをかけ、およそ40メートル進んでとまった」と話しているということです。

このまま終日、横浜市泉区の踊場駅と藤沢市の湘南台駅の間で運転ができない場合、およそ7万3000人に影響が出るということです。

市営地下鉄の脱線は、昭和47年に営業運転を開始してから初めてだということで、横浜市交通局は「ご迷惑をおかけし申し訳ありません。市営地下鉄の信頼を損なう事故で、組織を挙げて安全意識を高め、全力で信頼回復を図ります」としています。

横浜市長がコメント

横浜市の林市長は「利用者の皆様に大変なご不便とご迷惑をおかけし、心よりお詫びします」とするコメントを出しました。

また、コメントの中で横浜市を走る自動運転の新交通システム「シーサイドライン」が逆走した事故に触れ、「安全管理を徹底する中で、人為的なミスによりこのような事態を招いた。今後、徹底した原因の解明と再発防止に努めます」としています。