女性の職場でのヒール着用 「パワハラになりうる」 厚労相

女性の職場でのヒール着用 「パワハラになりうる」 厚労相
職場などで女性にハイヒールやパンプスの着用を求めることについて、根本厚生労働大臣は衆議院厚生労働委員会で、社会通念に照らして業務上、必要で、相当な範囲にとどまるべきで、それを超える場合にはパワーハラスメントになりうるという認識を示しました。
「職場などでハイヒールやパンプスを履くことを強制される現状を変えたい」とする意見に賛同する署名が、インターネット上で1万9000通近く集まったとして、活動している女性らが、今週、厚生労働省に署名を提出しました。

これについて、根本厚生労働大臣は5日の衆議院厚生労働委員会で「署名を受理した。一人一人の労働者が働きやすい就業環境の整備は大変重要だ」と述べました。

そのうえで「それぞれの業務の特性があるので、社会通念に照らして、業務上必要、かつ相当な範囲でということなんだろうと思う。パワハラにあたるかどうかは、その範囲を超えているかどうかがポイントだ」と述べ、ハイヒールなどの着用を求めることは社会通念に照らして、業務上、必要で、相当な範囲にとどまるべきで、それを超える場合にはパワーハラスメントになりうるという認識を示しました。