ウナギの代わりに「サケ」のかば焼き

ウナギの代わりに「サケ」のかば焼き
国内での稚魚の不漁などを背景にウナギの高値が続く中、大手スーパーは、来月の土用のうしの日に向けてウナギの代わりに「サケ」を使った、かば焼きの販売に力を入れることになりました。
流通大手のイオンは、3日、来月27日の土用のうしの日に向けた商品を発表し、ことしは、高値が続くウナギに代わる食材としてサケを使ったかば焼きを販売します。

イオンではこれまでも、サバやナマズを使ったかば焼きを販売してきましたが、このところサケの人気が高まっていることから、かば焼きにできないか検討してきました。

その結果、焼き方やタレの味を工夫し、脂ののりがウナギに近いものができたということです。

価格は、うなぎの4分の1程度です。

サケのかば焼きを買った80代の男性は「試食をしたがとてもおいしかった。値段も安いのでいいと思う」と話していました。

また、ウナギの稚魚の不透明な取り引きが指摘される中、国産のウナギの一部については漁業関係者と協力して稚魚の産地から加工するまでの経路を確認し、店頭などで情報を表示するようにするということです。

イオンの三宅香執行役は「稚魚の流通過程を把握したことで、消費者に安心して買ってもらえると思う。ウナギの数を守ることにもつながり、今後も広げていきたい」と話していました。

ウナギの価格 高い水準

養殖に使われるニホンウナギの稚魚の漁獲量は、減少傾向が続いてます。

水産庁によりますと、今シーズンの漁獲量は3.6トンと過去最低で、前年(8.9トン)の半分以下になりました。

一方で、香港などからの稚魚の輸入が大幅にふえ、養殖されるウナギの量は前年より多くなっています。

このため、養殖業者でつくる「日本養鰻漁業協同組合連合会」によりますと、ウナギの取引価格は、1キロ当たり5200円と去年の同じ時期より100円低くなりました。

ただ、平年と比べると、依然として高い水準だということです。

去年は7月の出荷のピークに向け取引価格が上がる傾向にあったということで、業界団体では今後の価格動向を注視したいとしています。