シーサイドライン逆走事故 「自動運転装置に不具合の可能性」

シーサイドライン逆走事故 「自動運転装置に不具合の可能性」
k10011938491_201906021905_201906021911.mp4
1日夜、横浜市を走る新交通システム「シーサイドライン」の車両が逆走して車止めに衝突し、14人が重軽傷を負った事故で、運行会社が2日に記者会見し、駅と車両の双方にある自動運転の装置どうしが信号をやり取りする際に不具合が生じた可能性があるという見方を示しました。
1日午後8時すぎ、横浜市磯子区と金沢区を結ぶ新交通システム「シーサイドライン」の始発駅である新杉田駅で、5両編成の車両が出発しようとした際に25メートルほど逆走し、駅構内の車止めに衝突しました。

警察によりますと、およそ30人の乗客のうち20代から80代の男女14人が重軽傷を負いました。

この事故について、2日午後、運行会社の「横浜シーサイドライン」が改めて記者会見し、三上章彦社長が「現時点で原因の特定はできていない」と述べました。

そのうえで、駅と車両の双方にある『ATO』と呼ばれる自動運転を担う装置のうち、駅側の装置では進行方向の切り替えが正常に行われたという信号を受信していたことを明らかにしました。

これまでのところ車両そのものの異常は確認されていないことなどから、会社は、この『ATO』の信号を送受信するシステムに何らかの不具合が生じた可能性があるという見方を示しました。

また会社によりますと、シーサイドラインは3日も始発から運転を見合わせ、午前5時半からバスによる振り替え輸送を行うということです。

事故をめぐっては、国の運輸安全委員会も原因究明のため鉄道事故調査官を派遣し、当時の状況を詳しく調べています。

自動運転の仕組み

シーサイドラインは、本社にある運輸司令所の運行管理装置と呼ばれるコンピューターにダイヤが登録されていて、運行するすべての列車の動きを集中管理し、無人運転を行っています。

各列車には「車上ATO=自動列車運転装置」が、地上側には「駅ATO」がそれぞれ備えられ、行き先や出発などの制御情報をやり取りをしています。

発車から走行中の速度の制御、停車までの一連の操作はATOによって自動で行われます。

そして、終点の駅に到着したあとは、地上側のATOが車両の進行方向を切り替えるよう指示を出し、車両側のATOから切り替わったという信号を受信すると、折り返し出発できる状態になるということです。

会社の会見によりますと、今回、地上側の装置では、進行方向が正常に切り替わったという信号を確認していて、その後、出発の指示が出されたということです。

一方、車両側のATOの記録はまだ確認できていないということです。

専門家「車両側のシステム 調べる必要」

新交通システムの運行管理に詳しい日本大学鉄道工学リサーチセンターの綱島均教授は、列車が逆走したことについて「終点に到着したあと、進行方向が切り替わっていないのに、正常に切り替わったという誤った信号が出て出発した可能性がある。さらに、異常を検知し列車を止めることができなかったことも問題で、車両側のシステムに不具合がなかったか調べる必要がある」と指摘しています。

そのうえで、「国内の新交通システムで、逆走した事故は過去に例がなく、今回の事故は自動運転への信頼を揺るがすものだ。国が鉄道での自動運転の拡大に向けた検討を進めている中で、今回の事故の原因を解明して早急に対策を講じる必要がある」と話しています。

鉄道事故調査官「逆走事故はこれまで聞いたことがない」

国の運輸安全委員会は、2日未明に続いて日中も鉄道事故調査官を派遣し、詳しい状況を調べました。

この調査について、岩田信晴鉄道事故調査官が夕方、報道陣の取材に応じ、「新交通システムでの逆走事故というのはこれまで聞いたことがなく、今の時点では、原因について、すべての可能性を検討し分析していく必要がある。データの解析などを進めるが、1日や2日で原因が特定できるものではない」と述べました。

今後、運輸安全委員会では、自動運転のための重要な装置や基板が集まる車両の床下の部分を調査したり、乗客から話を聞いたりして原因の究明を進めるということです。

シーサイドライン 平成元年に開業

シーサイドラインは、平成元年に開業した「新交通システム」と呼ばれる交通機関で、横浜市磯子区の新杉田駅と金沢区の金沢八景駅を結ぶ全長10.6キロの路線です。

横浜市などが出資する第三セクター「横浜シーサイドライン」が運営していて、経費の節減と運行の安全性を高めるためとして、すべての車両に無人運行のシステムが導入されています。

会社の説明によりますと、ことし4月の1日当たりの乗車人員は5万4000人余りに上ったということです。

また、14ある停車駅のうち、今回事故が起きた新杉田駅の1日の平均乗車人員はおよそ1万6600人となっています。

このほか、週末には「横浜・八景島シーパラダイス」に向かう人などが乗車し、通勤・通学だけでなく行楽客の足としても利用されています。