元農水省事務次官 殺人未遂の疑いで逮捕 長男を刺したか

元農水省事務次官 殺人未遂の疑いで逮捕 長男を刺したか
k10011937761_201906012051_201906012056.mp4
1日午後、東京・練馬区の住宅で、農林水産省の76歳の元事務次官が44歳の長男を包丁で刺したとして、殺人未遂の疑いで逮捕されました。その後、長男は搬送先の病院で死亡し、警視庁は容疑を殺人に切り替え、詳しいいきさつについて調べることにしています。
1日午後3時半ごろ、東京・練馬区早宮の住宅で、「息子を刺した」と警視庁に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、1階の和室の布団の上で、40代くらいの男性が包丁で胸などを刺されてあおむけの状態で倒れていて、その後、搬送先の病院で死亡しました。

警視庁が身元の確認を進めたところ、死亡したのは、この家に住む無職の熊澤英一郎さん(44)と確認されました。警視庁は、この家に住む父親の熊澤英昭容疑者(76)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。

熊澤容疑者は、農林水産省の元事務次官で、昭和42年に旧農林省に入り、畜産局長や経済局長を経て平成13年から14年まで事務方トップの事務次官を務めました。また、平成17年からはチェコ大使も務めました。

警視庁の調べに対し、「長男を包丁で刺したことは間違いない」と供述しているということです。

警視庁によりますと、熊澤容疑者は妻と長男と3人で暮らしていたとみられるということです。

警視庁は、容疑を殺人に切り替え、詳しいいきさつについて調べることにしています。

熊澤容疑者はチェコ大使も務める

熊澤英昭容疑者は、農林水産省の元事務次官で、昭和42年に旧農林省に入り、畜産局長や経済局長を経て平成13年から14年まで事務方トップの事務次官を務めました。また、平成17年からはチェコ大使も務めました。

近所の女性「とても静かな方」

近所に住む90代の女性は、逮捕された熊澤英昭容疑者について、「とても静かな方ですし、たまに会うと丁寧にあいさつもしてくれます。こんな事件を起こすような人ではないのでびっくりしています」と話していました。