病院パソコンがウイルス感染 救急患者など受け入れ中止 長崎

病院パソコンがウイルス感染 救急患者など受け入れ中止 長崎
長崎県の佐世保共済病院でパソコンからコンピューターウイルスが検知され、院内のネットワークを遮断した影響で、新規や救急の患者の受け入れを原則見合わせていることが分かりました。
佐世保市島地町にある佐世保共済病院では、今月28日に放射線検査機器に接続しているパソコンからコンピューターウイルスが検知され、さらに、電子カルテを扱うパソコンからもウイルスが検知されました。

病院は被害の拡大を防ぐため、院内のパソコンや検査機器をつないで電子カルテの情報などをやり取りするシステムのネットワークを遮断しました。

この影響で診察に時間がかかるようになったため、原則、新規や救急の患者の受け入れを見合わせているということです。

病院は佐世保市中心部にあり、外来患者だけでも一日平均で500人ほどが利用し、このうち新規の患者はおよそ90人だということです。

病院によりますと、システムが復旧し新規や救急の患者の受け入れができるようになるのは早くても週明けごろだということです。

佐世保共済病院は「多大なご迷惑をおかけして申し訳なく思っています。今後このようなことが起きないようセキュリティーの強化に努めていきます」としています。