川崎殺傷事件 市「『ひきこもり傾向』と聞いていた」

川崎殺傷事件 市「『ひきこもり傾向』と聞いていた」
k10011933671_201905291510_201905291514.mp4
28日、川崎市でスクールバスを待っていた小学生らが包丁で刺され19人が死傷した事件で、川崎市はおととしからことしにかけて、容疑者の親族から14回相談を受け、「長期間仕事に就かず、ひきこもり傾向にある」と聞いていたことを明らかにしました。
今回の事件を受けて川崎市は29日会見を開き、小学生たちを刺したあと自殺した川崎市麻生区に住む岩崎隆一容疑者(51)のおじやおばらから、おととし11月からことし1月にかけ、面談で8回、電話で6回の合わせて14回市の精神保健福祉センターに相談が寄せられていたことを明らかにしました。

最初の相談は「おじとおばが同居しているが本人との接触は一切なく、おじらの高齢化にともない介護ヘルパーが家に入ることへの本人の反応が心配だ」という内容だったということです。

その後、岩崎容疑者が「長期間仕事に就かず、ひきこもり傾向にある」と聞き、市の担当者は、手紙でのやり取りなどを助言したということです。

これを受け、ことし1月、おじとおばが容疑者の部屋の前に手紙を置いたところ、岩崎容疑者は数日後に「食事や洗濯も自分でやっているのにひきこもりとはなんだ」などとおばに話したということです。

その後、親族から「本人なりの考えがあるのでしばらく様子をみたい」という連絡があったのが最後で、一連の相談の中で川崎市が容疑者本人と接触することはなかったということです。

市「無理に介入しない」

川崎市の会見によりますと、市側が岩崎容疑者本人と連絡をとったり、考えを確認したりすることはなかったということです。

川崎市は「人に会いたくないという人に無理に介入することはいいことではない。親族側が言いたがらないことを言わせることも信頼関係の構築につながらない」と説明しました。