政治

外国人の日本語教育充実へ 推進法案 全会一致で衆院通過

日本で暮らす外国人の増加に合わせて国と地方自治体に外国人の日本語教育充実に向けた具体策の実施を求める法案は、28日の衆議院本会議で全会一致で可決されて参議院に送られました。
「日本語教育推進法案」は、外国人の日本語教育を充実する施策の実施は国と地方自治体の責務だと明記しています。

また、日本語教育の水準を向上させるため、国には外国人の子どもを指導する教員の配置や養成に必要な施策や働く外国人への日本語研修などに支援を行うことを求めています。

さらに、関係省庁が参加する「日本語教育推進会議」を国に設けて、日本語教育の推進に向けた関係機関との調整を図るよう義務づけています。

法案は28日の衆議院本会議で採決が行われ、全会一致で可決されて参議院に送られました。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。