生活満足度は45~59歳が最も低く 内閣府1万人調査

生活満足度は45~59歳が最も低く 内閣府1万人調査
k10011929391_201905260805_201905260805.mp4
全国のおよそ1万人を対象に、今の生活にどの程度、満足しているか尋ねたところ、45歳から59歳までの人がほかの年代に比べて最も満足度が低く、その一方で、60歳以上の人が最も高いという政府の調査結果がまとまりました。
この調査は、内閣府がことし1月から2月にかけて初めて行ったもので、インターネットを通じて、全国の15歳から89歳までの男女1万人余りから回答を得ました。

この中で、「いまの生活にどの程度満足しているか」について、10点満点で点数をつけてもらったところ、全体の平均は5.89点でした。

これを年代別にみますと、59歳までは年齢が上がるにつれて、平均の満足度が低下し、45歳から59歳までの年代は、5.41点で、満足度が最も低くなりました。

一方、60歳以上になると、一転して上昇し、6.36点と、満足度が最も高くなりました。

また、「同居する親族以外に頼りになる人が何人いるか」を尋ねたところ、「5人以上」と答えた人は、世帯年収が100万円未満でも満足度は6.2点だった一方、「いない、または1人」で、世帯年収が1000万円以上の人は5.89点で、収入が低くても頼りになる人が多ければ満足度が比較的高い傾向がうかがえます。

内閣府は、これらの結果の背景について分析を進め、政策運営に生かしていきたいとしています。