「毎月勤労統計調査」数値に誤りの疑い 厚労省が公表延期

「毎月勤労統計調査」数値に誤りの疑い 厚労省が公表延期
k10011927111_201905241418_201905241419.mp4
働く人の賃金などを調べる「毎月勤労統計調査」について、厚生労働省は、昨年度の確報値を24日公表する予定でしたが、一部の数値に誤りがあった疑いが分かり公表を延期しました。
「毎月勤労統計調査」は、働く人の賃金や労働時間について厚生労働省が全国の事業所を1か月ごとに調査し、公表している統計です。

24日は、昨年度とことし3月の確報値を公表する予定でしたが、厚生労働省によりますと、一部の数値に誤りがあった疑いが分かり公表を延期しました。

誤っていた疑いがあるのは、賃金の算出に用いられる働く人の数の去年7月分の推計値で、この影響で公表済みの調査結果についても修正する可能性があるということです。

厚生労働省は今後1週間をめどに、数値やその影響について精査したうえで公表するとしていて「ご迷惑をおかけしおわび申し上げます」と話しています。

「毎月勤労統計調査」の結果は雇用保険や労災保険の支給額に反映されますが、厚生労働省は「現時点では数値の修正があったとしてもわずかで支給額への影響はないと考えられる」としています。

この統計をめぐっては調査方法をめぐる不正が明らかになり、一連の統計不正問題が発覚するきっかけとなりました。

統計委 西村委員長「再発防止を」

国の統計を所管する総務省の統計委員会の西村委員長は24日開いた会議で、「公表が延期されたことは残念だが、精査が必要と分かった段階で公表を延期されたことはよかった。原因分析と再発防止にしっかりと取り組んでほしい」と述べました。