国際

北朝鮮「米朝の対話は再開できない」譲歩しない姿勢強調

北朝鮮外務省の報道官は、2回目の米朝首脳会談が物別れに終わった原因は、アメリカ側が実現不可能な考え方にこだわったからだと批判する声明を発表し、アメリカが新しい考え方を持って来ないかぎり、いつになっても米朝の対話は再開できないとして譲歩しない姿勢を強調しました。
北朝鮮外務省の報道官は、24日、国営メディアの記者からの質問に答える形で声明を発表しました。

この中で報道官は、ことし2月、ベトナムの首都ハノイで開催された2回目の米朝首脳会談が物別れに終わった原因について「われわれに対して一方的に武装解除するようこだわった。全く実現不可能なやり方だ」として、完全な非核化が実現するまで制裁を解除しないとするアメリカの立場は一方的だと批判しました。

そのうえで、「アメリカがいまの考え方をやめて、新しい考え方を持って来ないかぎり、対話はいつになっても再開できず、核問題を解決する見通しは遠くなる。われわれに対する不信と敵対行為が増すにつれてわれわれの行動もそれに応じたものになる」として譲歩しない姿勢を強調しました。

北朝鮮は今月に入り、弾道ミサイルの発射を再開し、アメリカが国連安全保障理事会の制裁決議に違反したとする北朝鮮の貨物船を差し押さえたことに反発していて、米朝関係はこう着状態が続いています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。